暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

旅行・おでかけ

札幌雪まつりでの服装のおすすめは?靴は滑り止めが必要?気温はどのくらい?

2017/01/16

snow_korobu
 
2月上旬に開催される北海道のさっぽろ雪まつりは、雪で作ったとは思えない精巧な作りの雪像が並び圧倒されます。

ゆっくり眺めたいのはやまやまなのですが、何しろ寒い!!!

中途半端な格好をしていくと、せっかく行ったのに寒くて楽しむことができません。

そこで、札幌雪祭りに行く時の服装のおすすめ、靴には滑り止めが必要か、そしてこの時期の気温などをお伝えしますね。
 
 

スポンサーリンク

 

札幌雪まつりに行く時の服装はどうする?

 
寒さがそれほど厳しくない地方に住んでいる人には、なかなか北海道の寒さは想像しにくいですよね。

さっぽろ雪まつりには全国から沢山観光客が訪れるのですが、服装や靴で悩まれる人がとても多いと思います。

せっかく北海道まで雪まつりを見に行くのですから、満喫しないともったいないですよね。

旅行なのでお洒落をしたい気持ちもわかりますが、雪まつりに関しては見た目よりも防寒を優先させましょう!
 
 
 
私は冬の北海道そしてヨーロッパに行ったことがあります。

その時の経験から寒い時期に長時間外にいる時のおすすめの服装をお伝えしますね。

寒い地域に行く時にいつも私がしている格好ですが、殆どユニクロで揃えてます。

・ユニクロのブラトップ(タンクトップ)
・ヒートテックのタートル(かなり寒い時にはこれも極暖にします)
・ヒートテック極暖のタートル
・カシミアのカーディガン
・ダウンコート

・極暖のレギンス
・暖パン

私は首が温かいのが好きなのですが、首にぴちっとくっつくタートルネックがあまり好きではありません。

ユニクロのヒートテックのタートルはゆるっとしているので気に入っています。

でもぴちっとした方が寒くなくていいという人もいると思いますので、その場合はそちらを選ぶといいと思います。

2枚重ねると緩めのタートルでも温かくなりますよ。

カシミアはやはり温かいですね!気に入って冬にはよく着ています。

ダウンジャケットはユニクロではありません。

最近はユニクロでも生地がしっかりしたダウンも売られるようになりましたが、よく見かけるウルトラライトダウンジャケットだけだと寒いと思います。(寒さに慣れている人は大丈夫かもしれませんが)

もしこのウルトラライトダウンジャケットを着る場合には、その上にもう一枚手持ちの上着を重ね着するといいですよ。

ウルトラライトはぺしゃっとつぶれてくれるので、ムキムキしたような違和感なく着ることができると思います。

最近はインナーコートとして使えるダウンも販売されていますので、それとウールのコートやアウトドア用の上着などを組み合わせるといいかもしれません。
 
 
 
下半身は是非暖かくして行ってください。

ユニクロの暖パンは風を通さず、裏地がフリースなのでかなり温かいです。

最近の暖パンはシュッとしていきているので、街歩きにも履けます。

これに極暖レギンスを合わせると下半身は大丈夫です!

そして忘れてならないのが、帽子、そして手袋です。

手袋は普通の軍手タイプのものだと薄くて手が冷たくなります。

2枚重ねになったもの、裏地がついたものを是非選んでくださいね。

あと耳がかなりやられます。。。

寒さに慣れていない人は耳あてがあった方が絶対にいいですよ。

あと、頬、鼻なども冷たくなりますので、顔をうずめることのできるくらいのボリュームのあるストール・マフラーなどを是非していってください。
 
 
 
そして一番大事なのが足元です!

足が冷たくなると、ギブアップカウントダウン状態になります。

雪や氷の上を歩くことになりますので、底そして靴本体が薄い靴は足が感覚がなくなるくらい冷えます。

私はいつも5本指靴下をはいてその上にウールの厚手の靴下をはき、底が厚いスノーブーツをはきます。

今履いているスノーブーツは内側にボアがついているので、氷点下20度くらいまででしたら問題なく歩き回れます。
 

スポンサーリンク

 

雪祭りに履いてく靴は滑り止めが必要?

 
雪が降らない地方に住んでいると、靴を買う時に靴裏のことを考えて買うことはないと思います。

でも雪まつりに行く場合には、必ず考えてくださいね。

雪が降る地域に住んでる人は、雪や氷の上を歩くことに慣れています。

でも雪道になれていないと、大したことのない雪道でも滑って上手く歩けません。

ですから滑り止めは必須です!

旅行前に手持ちの靴裏に滑り止めを貼ってもらうのもいいでしょうし、靴の上から装着できる滑り止めを購入するのもいいでしょう。

装着できる滑り止めの方がスパイクタイプになっていて氷などには強いと思います。

ただちょっと見た目を恥ずかしく思うかもしれません。

でも転んで骨折したり頭を強打したりすることを考えたら、ちょっと恥ずかしいかもという気持ちは我慢しましょう。

雪まつりでは、北海道以外の人は結構つけていますので、ひとりだけ目立つことはありませんから大丈夫です!
 
 

札幌雪まつりの頃の気温はどのくらい?

 
これはどの地域でも一緒ですが、その年によって同じ月でも気温は違います。

暖冬の年もあれば、とても寒さの厳しい冬もありますよね。

札幌の例年の2月の平均気温は最低気温が氷点下7度くらい、最高気温が1度くらいです

でも真冬日(最高気温が氷点下の日)になることも珍しくありません。

また、気温が高くて雨が降っている場合は、湿度が高まり余計に寒く感じる場合もあります。

個人的には気温が低くてもカラッと乾燥している方が寒くなく感じます。
 
 

最後に

 
寒さになれていない人向けに、私がいつもしている寒い場所で観光する時の格好をご紹介しました。

ご存知と思いますが、空気の層があるほうが冷気をシャットダウンできるので寒さを感じにくいです。

もししっかりとしたダウンジャケットを持っていない場合には、薄いダウンジャケットをライナーとして使い、寒さから身を守ってくださいね。

・足元、下半身をしっかり温めること
・頭・耳・手先・頬なども忘れずに防寒グッズで対応すること
・首は苦しくない程度にしっかりと覆うこと

これらを守れば寒さのストレスを感じずに観光できると思います。
 
 
 
今回、ユニクロの極暖ヒートテック(ヒートテックエクストラウォーム)を記載しましたが、もっと温かい超極暖(ヒートテックウルトラエクストラウォーム)が発売になりましたね♪

今度寒い地方に行く時にはこれを試そうと思います!
 
 
 

スポンサーリンク

-旅行・おでかけ
-