暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

旅行・おでかけ

東京駅構内に手荷物預かり所はある?スーツケースが入るコインロッカーは?

coin_locker_big
 
交通の要となる東京駅に、手荷物を置いて行動したい場合があると思います。

もしスーツケースや大型の旅行鞄などを持っていくとしたら、それを預ける場所があるのか知りたいですよね。

そこで、東京駅構内には手荷物預かり所があるのか、スーツケースなどが入る大型のコインロッカーがあるのかなどを確認していきましょう!
 
 

スポンサードリンク

 

東京駅構内に手荷物預かり所はある?

 
荷物を預ける時にコインロッカーは非常に便利ですが、ちょっと大きめのサイズの荷物を持っている時などは、手荷物預かり所のほうが都合が良い場合があります。

東京駅にはコインロッカー以外に手荷物預かり所がいくつかありますのでご紹介しますね。
 
 

東京サービスセンター(TOKYO SERVICE CENTER)(改札外)

 
佐川急便が営業している東京サービスセンターで手荷物の一時預かりをしています。

場所は東京駅日本橋口改札の近くです。

営業時間:7:00~23:00(22:00受付終了)
料金:1日800円/個
サイズ:3辺の合計が200cm以内、重量は30kgまでの手荷物が対象
公式HP

 
 

グランスタ内クロークサービス (改札内)

 
当日のみの預かりです。

東京駅八重洲地下中央口から改札内に入り銀の鈴待ち合わせ場所を少し過ぎて左側にあります。

営業時間:8:30 ~ 21:00(荷物の預かりは20:30まで)
料金:600円/個(当日のみ)
サイズ:3辺の合計が250cm以内、重量は30kgまでの手荷物が対象、長さは2mまで
公式HP

 
 

JR東日本トラベルサービスセンター内手荷物関連サービス所(改札外)

 
海外からの旅行客を対象とした預かり所とのことで外国人が優先されますが、利用可能です。

ただし断られる可能性も考慮しておきましょう。

営業時間:7:30 ~ 20:30
料金:600円/個(当日のみ)
サイズ:3辺の合計が250cm以内、重量は30kgまでの手荷物が対象、長さは2mまで
公式HP

 

スポンサードリンク

 

東京駅にスーツケースが入るコインロッカーはある?

 
東京駅は多くの列車の起点となる駅です。

また、成田空港や羽田空港から移動してくる人も多いですよね。

そこで、他の駅よりもスーツケースやゴルフバッグも入る大きなコインロッカーが数多く設置されています。

大型のコインロッカーの料金は1日600円から700円

手荷物預かり所とそれほど値段は変わりません。

手荷物預かり所は営業時間に限りがありますので、夜遅くなりそうな場合にはコインロッカーの方が便利ですね。
 
 

東京駅の大型コインロッカーのある場所は?

 
八重洲地下中央口と丸の内地下中央口の間にある南のりかえ地下広場にあるコインロッカー設置場所にあります

ここは上記で説明したグランスタ内クロークサービスのすぐ隣です。

コインロッカーがいっぱいの場合にはクロークサービスを利用するのもいいかもしれません。(ただし営業時間に注意が必要です)
 
 
 
丸の内中央口から総武線に向かう地下エスカレーターの下に大規模なコインロッカーエリアがあります

そこに大型のコインロッカーもあります。
 
 

最後に

 
東京駅でスーツケースなどの大きな荷物を預けたい場合の、手荷物預かり所やコインロッカーの場所についてご紹介しました。

手荷物一時預かり所はあまり遅くまでやっていませんし、駅構内も夜遅くは閉まります。

取りに戻る時間には十分余裕を持って行動しましょう。

また、東京駅構内に不案内な場合には、どこに預けたのかわからなくなる場合もあります。

特にコインロッカーはあちこちにありますので、分かりやすい目印をしっかりと覚えておきましょう!
 
 
 

スポンサードリンク

-旅行・おでかけ
-,