暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

日々のくらし

新玉ねぎレシピで美味しいのは?人気で簡単なものと大量消費できるものも確認


 
甘くてみずみずしい新玉ねぎを大量に貰ったら、どんどん美味しく消費していきましょう!

美味しいレシピ、簡単で人気なレシピ、大量消費できちゃうレシピをそれぞれご紹介します♪
 
 

スポンサーリンク

 

新玉ねぎレシピで美味しいのは何?

 
新玉ねぎは甘くてとても美味しいのですが、あまり長く保存が出来ないので大量に貰うと困ってしまいますよね。

でも美味しさを味方につけてどんどん食べて行きましょう!

新玉ねぎのレシピはいろいろありますが、私が一番大好きな美味しいレシピは新玉ねぎのフライなんです。

あの新玉ねぎの甘さが、揚げることによってますます引き立ち、パン粉のカリッとした食感と、中の玉葱のジューシーさのコラボがたまらなく大好きです!
 
 
 
揚げ物は、小麦粉を付けて、卵にくぐらせて、最後にパン粉をまぶして・・・という手順が一般的ですが、ちょっと面倒ですよね。

私はバッター液を作り、小麦粉と卵の手順をひとまとめにしちゃってます。
 
 

揚げ物のバッター液の作り方

バッター液の材料
・卵1個
・牛乳50ml(なければ水でもOK)
・小麦粉大さじ4くらい

これらを泡だて器などでぐるぐるまぜるだけ。

 
新玉ねぎの場合は、厚めの輪切りにして、ばらけないように爪楊枝などを刺してからこのバッター液を付けます。

その後パン粉をまぶして油で揚げるだけです。
 
 

新玉ねぎのポタージュ

 
もうひとつとっても美味しくておすすめなのが、新玉葱のポタージュです。

かなり適当に作っても美味しく仕上がるので、私のようなずぼらさんにぴったりのレシピです。

① 新玉ねぎを薄くスライスする
② バターで炒める
③ 水を入れ、ご飯とコンソメ(顆粒でもキューブでもOK)を入れてコトコト煮る
④ ミキサーでトロトロにする
⑤ 塩・胡椒で味をととのえて出来上がり

 
 
え?ご飯?と思った方も多いですよね。

新玉葱だけで作るととろみが無いので、ご飯でとろみをつけるんです。

量は大体4人分くらいでご飯茶碗3分の2くらいでしょうか。

結構適当に入れてます。

とろみの具合を見て足してもOKです!

このポタージュ、コンソメでなく和風だしでも優しい味に仕上がります。

新玉葱をこれでもか!というほど投入できるので、大量に消費したい方におすすめの美味しいレシピです。
 

スポンサーリンク

 

新玉ねぎレシピで人気しかも簡単なのは?

 
新玉葱レシピで簡単で人気があるのは、やっぱりサラダですよね。

スライスして、好みのドレッシングと和えただけで美味しいサラダの出来上がりです。

シンプルしかも簡単で、誰が食べても美味しい人気の一品♪

和風のさっぱり系ドレッシングと鰹節や青紫蘇というのがポピュラーですが、

・オリーブオイルと美味しいお塩で和える
・ツナを汁ごと混ぜる
・スモークサーモンにスライスを混ぜる

という食べ方も簡単で人気があります。
 
 
 
また、人気で簡単なのはスープ系

丸ごとコンソメでコトコト煮込むと、丸ごと新玉葱のスープの出来上がり。

ビックリするほど柔らかく仕上がるので、まるごと感をアピールしたい時にはあまり煮込んでいる間にいじらないようにしましょうね。
 
 

新玉ねぎを大量消費できるレシピはこれ♪

 
新タマネギが沢山あって消費したい場合に作るのはまずはカレーです。

人参やジャガイモなど入れず、もうお肉と新玉葱だけで作っちゃいます。

鍋にあふれそうなほど入れても、炒めて加熱するとかさが減りますので、一度に沢山消費できます。

甘味が強いので、カレールーは辛めのものやスパイシーなものが合います。
 
 
 
次の候補は、オニオングラタンスープ

大量にスライスして飴色になるまでいためたものにスープを注ぎ煮込んで、仕上げにちょっと硬くなったバゲットとチーズを入れて軽くオーブンで焼くだけ。

飴色になるまで炒めるのが面倒に感じるかもしれませんが、1度に沢山できますので、1回時間をかけて作っておくと、その後食べたい時にいつでも食べられます。

時間があまりないという場合には、スライスした後に一度冷凍しそれを炒めると時短になります。
 
 

最後に

 
新玉葱が沢山ある時の食べ方についてご紹介しました。

タマネギは血液をサラサラにしてくれる効果もありますので、無駄にせず食べきりたいですよね。

サラダだけでは飽きてしまいますので、工夫して美味しく食べましょう!
 
 
≪関連記事≫
新玉ねぎが大量にある時の保存方法は?冷凍は可能?保存期間はどれくらい?
 
 
 

-日々のくらし
-