暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康・美容

マスクにかぶれてぶつぶつが!素材によるアレルギー?肌荒れを治す方法は?

2017/09/17


 
マスクを使ったら顔の肌がかぶれてブツブツができた!という方が結構います。

それは素材によるアレルギーなのか、他に原因があるのか、かぶれちゃった肌荒れを治す方法は何かを確認していきましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

マスクにかぶれてぶつぶつができた!

 
花粉症の時期やインフルエンザが流行る時期などはマスクを長時間使用しますよね。

そんな時、何か肌に違和感があるな・・とマスクを取ったら、顔がブツブツとかぶれていてビックリした!という人が意外といるんです。

肌荒れしたこともショックですし、もうマスクが使えないの?とそちらも気になりますよね・・・。

まずはどうしてかぶれちゃったのか、という原因から確認しましょう。
 
 

マスクによる肌荒れの原因は?

 
マスクを使うことによって顔にぶつぶつが出来たり、赤く腫れあがったり…という場合の原因はいくつかあります。
 

マスクは肌を摩擦する!

マスクを付けた時、マスクと肌に接触している部分は常に摩擦された状態になります。

というのも、私たちが喋ったり瞬きしたり顔を動かすたびに顔の筋肉は動き、表面の肌も一緒に動きます。

その時にマスクと接している部分の肌がこすれちゃうんですね。

マスクは柔らかい素材なので通常は大丈夫なのですが、肌の弱い人や、いつもよりも肌が乾燥していて刺激に弱い状態の時などは、摩擦による刺激で肌荒れが生じてしまいます。
 

マスクは蒸れる!

マスクをすると自分の吐く息でマスク内は潤った状態になります。

空気が乾燥している時期などはそれで喉を守れるとも言われていますね。

また、乾燥から肌を守ってもらえるという説もあります。

けれども蒸れているということは湿度が高いということ。

つまり雑菌が繁殖しやすい状態でもあるのです。

にきびがある場合、マスクをしているとニキビが悪化するという場合もあるようで、これはマスク内の湿度が関係していると言われています。

一概には言えませんが、その湿度の高さが肌に悪影響を与えている可能性もあります。

また、マスク内の湿度が高くなるということは、肌が湿った状態になっているということですよね。

そうなると肌を保護してくれている潤い成分が流れ落ちてしまっている可能性があります。

つまり肌がとても無防備な状態になっているということ。

その状態に摩擦が加わり肌荒れが起こる・・ということも考えられます。
 

マスクの素材が合わない

マスクにはいろいろ種類がありますが、肌がかぶれたという場合、多くの人は不繊布のマスクを使っていることが多いです。

不織布(ふしょくふ)とは繊維を機械的な方法や化学的な作用、または熱などによって絡ませたり接着したりしたものを指します。

普通の布よりも毛羽立ちがあるので、人によっては刺激を感じマスクの場合には顔がかぶれることに繋がります。

不織布が合わないかも、と思った場合にはまずは昔ながらのガーゼのマスクに替えてみましょう。

それで改善しなければ、先に述べた「摩擦」「蒸れ」が原因となっている可能性があります。
 

スポンサーリンク

 

マスク素材のアレルギーの可能性は?

 
マスクをして肌が荒れた場合、マスクの素材によるアレルギーではないかと考えますよね。

その可能性は十分にありますが、そのマスクの何に反応しているかを調べるのは思った以上に大変です。

マスク繊維の素材に反応している場合もありますし、繊維に付着させている抗菌剤に反応している場合もあります。

いくつかのマスクを試してみるのが一番ですが、むやみやたらに試すのも大変です。

敏感肌の人が使うメジャーリーガーマスク M-101というマスクがありますので、それを試して様子をみるのもいいかもしれません。
 
 

敏感肌の方におすすめ!こだわる方に!メジャーリーガーマスク M-101 ホワイト...
 
 

マスクによる肌荒れを治す方法は?

 
マスクが原因と思われる肌荒れになってしまった場合、それを治すためにはまずはその原因となっているマスクを使わないことが一番です。

どうしてもマスクを使用しなければならない時には、

・違うメーカーのマスク
・違う素材のマスク

を試してみましょう。

そしてマスク内が湿ってきたと思ったら交換しましょう。

マスクをする必要がない時にはできるだけマスクをとり、外気に肌をさらすのも大事です。

そして肌の保湿を常に心がけるようにしましょう。

ただし香料などの刺激物が沢山入った保湿用化粧品ではなく、赤ちゃんの肌の保湿に使われているようなスキンケア用品を選ぶほうが安心です。
 
【ファムズベビー】



 
もし薬を使いたい場合には、自己判断せず皮膚科で診てもらい処方されたものを使いましょうね。
 
 

最後に

 
マスクにかぶれてしまった時の原因と対処法についてご紹介しました。

顔のかぶれはとても辛いですよね。

また、これからマスクができないのでは・・と心配にもなると思います。

肌の状態が早く良くなるよう、そして、ご自身に合ったマスクが早く見つかるよう祈ってます。
 
 
 

-健康・美容
-