暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

春のくらし

五月人形を飾る時期はいつ?飾り方の方角と太刀を置く場所についても


 
5月5日は子供の日ですが、端午の節句、つまり男の子の節句の日でもあります。

節句飾りとして五月人形、鎧、兜飾りを準備し、男の子に強く逞しく育ってほしいという願いを込めて飾ります。

でも一体いつから飾っていいのか迷いませんか???

そこで今回は五月人形を飾る時期はいつなのか、飾り方の方角はどうすればいいか、そして迷う人が多い太刀をどっち側に飾るかも確認しましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

五月人形を飾る時期はいつ?

 
端午の節句に飾る五月人形。

端午の節句は5月5日ですが、一体五月人形はいつから飾ればいいのかちょっと迷いますよね。

こういう昔からの風習や行事などは、早すぎたり遅すぎたりすると縁起が悪かったりするのかな?とか、飾る日の六曜(大安とか仏滅とか)を気にすべきなのかな?とか、考え出すとどんどん不安になってきます。

結論から言いますと、五月人形を飾ったり贈られたりする日は、大安吉日など気にする必要はありません

そして飾る時期ですが、はっきりとした決まりは特にないのですが、一般的には春分の日のあたりから4月の中旬頃に飾る家庭が多いです。

5月5日の2週間前くらいまでは飾り終えて、たっぷり愛でましょう!
 

スポンサーリンク

 

五月人形の飾り方の方角は?

 
五月人形を飾る時期が気になるのと同時に、飾る場所や方角などが気になる方もいると思います。

五月人形は、飾る場所、方角共に特に決まりはありません

ただ、玄関は外からの湿気や風、埃がダイレクトに飛び込んでくる場所です。

飾り物にとってはちょっと過酷な環境とも言えますよね。

というわけで、玄関そして湿気の多い部屋などは避けた方がいいでしょう。

また、直射日光の当たりやすい場所も避けた方が賢明です。
 
 
 
そして、お子さんがまだ小さい場合には、お人形や飾りに触って壊す可能性もありますよね。

興味があって触るくらいならまだいいのですが、まだ意味がよく分からないような小さな子供さんの場合には、小さな部品などを口に持っていく可能性もあると思います。

その場合には手の届きにくい場所を選んでくださいね。

ただ、あまり高いところに飾ると、ぶつかって落としたり・・・という場合もあるかもしれません。

いろいろな可能性を考え、ベストな位置を探しましょう!
 
 

五月人形の飾り方で太刀はどっち側に置く?

 
五月人形にはいろいろな種類がありますが、兜飾りなどは太刀と弓を両脇に飾るようになっています。

この弓太刀を飾る時、左右どっちに何を置くんだっけ???と分からなくなる人が結構多いです。

正解は、向かって右側に太刀、左側に弓を置きます。

そして一番間違いやすく注意が必要なのは、太刀の立て方なんです。

刃を収めている鞘(さや)と、握る場所の柄(つか)がありますが、柄が下、鞘が上になるように飾ります

でも、何となく逆に飾りたくなりますよね。

間違う人が多いというのも納得です!

鞘が上にくるこの飾り方は、この太刀は飾り物なので刀を抜く必要はありませんよ、ということを表現しているのだそう。

こういう細かいことを知ると面白いですよね。

是非、子供さんにも教えてあげてください♪
 


 

最後に

 
子供の頃は五月人形を見て、可愛くないなぁ、なんだか怖いなぁと思ったのを覚えています。

でも大人になった今見ると、とってもかっこいいですよね!

最近は戦国武将にちなんだ五月人形も出ているというのも納得です。

子供が大きくなると出すのを忘れがち・・という話も良く聞きますが、せっかくの節句のお人形なので1年に1度は出したいものです。

長くしまったままにしているとカビが生えたりしますので、そういう意味でも1年に1度は風通ししてあげてくださいね。
 
 
 
 

-春のくらし
-