暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

春のくらし

初節句男の子のお祝いメニュー♪端午の節句にぜひ作ってほしい物は?ケーキは必要?


 
5月5日の端午の節句に初節句を迎える男の子を持つご家庭では、ご両親たちを呼んで初節句のお祝いの食事会を予定されている所が多いですよね。

でも男の子の初節句のお祝いのメニューってどんなものを作ればいいの?と迷う方が多いと思います。

そこで男の子の初節句の食事会におすすめのメニューと、ケーもあったほうがいいかどうかもご紹介しますね。
 
 

スポンサーリンク

 

初節句男の子の場合のお祝いメニューのおすすめは?

 
男の子の初節句を祝うお食事会を自宅でする場合、どんなメニューにしたらいいの?とお迷いますよね。

そこで男の子供さんをもつ料理上手・もてなし上手の知人に、初節句の食事会にどんなものを作ったのか聞いてみました!
 
 
 
その知人は息子さんの初節句にはこのような物を作ったそうです!

・ちらし寿司
・鯛のお吸い物
・お煮しめ
・お刺身
・ローストビーフ

とても豪華で美味しそうですね!

ちなみに散らし寿司は凝った形にしたわけではく、オーソドックスな形に仕上げたそうです。

小さな子供さんがいる場合、沢山のもてなし料理を作るのは大変ですので、手を抜くところは上手に抜くというのがポイントとのこと。

そしてお煮しめは薄味に仕上げた蕗や筍の季節野菜を入れ、上品な味に仕上げたそうです。

お刺身は近所の魚屋さんに自宅の大皿を預けて盛ってもらったと言っていました。

お皿に自分でうつす必要が無いですし、プロの盛り付けを楽しめるのでこれは是非真似したいですね!

ローストビーフは、クリスマスやホームパーティーでよく作るお得意のレシピで作ったそうです。

そして、是非、端午の節句のお食事会で作ってほしいというポイントを教えてもらいましたので次の章でご紹介しますね!
 

スポンサーリンク

 

端午の節句のお祝いメニューで是非作ってほしい物は?

 
女の子の節句ひな祭りのメニューも大体同じような感じになるのですが、端午の節句とひな祭りでの違いは「お吸い物」なんです。

雛祭りの場合、ハマグリのお吸い物を作るご家庭が多いですよね。

端午の節句の場合は、

・鯛
・若竹
・三つ葉

これらを使ったお吸い物にする家庭が多いです。

鯛が無い場合には、簡単に若竹と三つ葉(地域によっては蕗も)を入れてあっさりと仕上げてもいいかもしれません。

でもお祝いの席には鯛のお吸い物がぴったりですので、調達できる場合には是非使ってくださいね。
 
 

初節句で男の子の場合ケーキはあったほうがいい?

 
初節句のお祝いの場合、デザートにケーキもあったほうがいいのかな?と悩まれる方がいると思います。

最近は子供の日が近付くと鯉のぼりや兜にちなんだケーキが店頭に並びますよね。

もちろん、ケーキをデザートにしてもいいと思いますが、端午の節句らしく柏餅をデザートに準備するというのもいいですね。

両家の両親を招いての食事会は、子供の成長を願う場でもありますが、いただいた初節句のお祝いのお返しの場でもあります。

両親たちがどんなものを喜ぶかな・・と考えると、ケーキがいいか和菓子系がいいかが見えてくると思います。

決まりはありませんので、是非招いた方々が喜ぶものを準備しましょう!
 


 

最後に

 
子供さんの初節句は1回だけですので、是非自分達にとっても招いた人達にとっても思い出に残る良い場にしたいですね。

兜や鯉のぼりをバックに写真を撮るのもいいと思います。

兜や鯉のぼりは子供さんが大きくなってくると出さなくなるご家庭が多いですので、是非子供さんが小さいうちに沢山写真に収めてくださいね!

素敵な初節句になりますように!
 
 
 
 

-春のくらし
-