暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

七夕にそうめんを食べる理由は?おすすめレシピや献立もご紹介します


七夕に食べる献立でまず最初に思い浮かべるのは「そうめん」ではないでしょうか。

でもどうして七夕にそうめんを食べるようになったのでしょうか?

そこで七夕にそうめんを食べる理由、そしておすすめの七夕そうめんレシピやそれに合う献立をご紹介します!
 
 

スポンサーリンク

 

七夕にそうめんを食べる理由とは?

 
七夕の行事が中国から伝承されたものでというのはご存知ですか?

その中国の言い伝えに、ある子どもが病気で7月7日に亡くなり、その後熱病が流行ったことから、病よけとしてその子の好きだった索餅(さくべい)を命日である七夕の日にお供えするようになったという話があります。

索餅とは小麦粉と米の粉を練って、縄のようによじって油で揚げるお菓子です。

索餅が日本に伝わったのは七夕が伝わったのと同じ、奈良時代。

それが平安時代になると、「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と記述のある書物がありますから、その頃には宮中で七夕行事にそうめんが食べられていたことがわかります。

それが江戸時代になり、七夕が五節句の一つとして民間に根付くと同時に、そうめんも七夕に食べる風習が根付いていきました。

それが慣習となり、今では七夕にそうめんを食べる家庭が多いのです。
 

スポンサーリンク

 

七夕に食べるそうめんレシピのおすすめをご紹介

 
七夕は中国由来の行事であることは説明しましたが、中国には古代より、木・火・土・金・水の五行思想があり、自然現象や社会現象の変化はすべてこの五行に因するのだという学説があります。

七夕に五色のたんざくを吊るして祈願したり、針に五色の糸を通して供えたりするのは、これにちなんでいるのです。

この五行思想から七夕に食べるそうめんも緑・赤・黄・白・黒をそうめんに色付けした、五色素麺として市販されているものがありますから、それでそうめんを茹でて食べるのも理にかなった食事です。

そうめんのつけだれも普段どおりのお醤油ベースのつけ汁の他に、すりごまを合わせたごまだれや、今そうめん用の洋風の代わりだれも市販されていますから、子供さんには七夕の特別メニューとして、洋風ダレを用意してあげて、家族それぞれが自分の好みでたれをつけて食べるというのも楽しいものですね。
 
 

七夕に食べるそうめんの献立のアドバイス

 
そうめんのトッピングとして、五行の五色を彩りとして取り入れるのも楽しいですよね。

そうめんの白色にオクラを塩を入れて茹でて、色止めをして細かく刻めば星型の緑色、ニンジンを子供向けにお砂糖を入れて、少し甘く茹でて星型や花型に切れば可愛い赤色。

これなら普段はニンジン嫌いな子供でも、喜んで食べてくれます。

卵を薄く焼いた錦糸卵の黄色。卵に出汁とお砂糖、水溶き片栗粉を入れれば失敗もありません。

そこに細かく刻んだ海苔の黒色で、いつものそうめんが華やかになります。

それだけでは物足りないと言われる方には、夏バテ予防に栄養価の高いウナギの蒲焼きを大き目に刻んで添えたり、レンコンやゴボウ、サツマイモ、カボチャ、シソの葉やオクラ、玉ねぎや、インゲンなどの野菜を精進揚げにして添えれば、食事としてのバランスも取れておススメです。
 


 

最後に

 
素朴なメニューと思われがちなそうめんも、ひと工夫で七夕にぴったりの豪華な献立に早変わりします。

それぞれのご家庭で工夫して綺麗に盛り付け、七夕の食卓を彩ってくださいね。
 
 
 
 

-夏のくらし
-