暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

残暑見舞いを出す時期はいつまで?意味や例文(はがきの場合)も教えます


暑中見舞いを出すつもりが、気が付いたらすっかり時間が過ぎていたり・・・ということってありますよね。

そもそも残暑見舞いと暑中見舞いはどう違うのでしょう?

どちらも夏の気持ちを伝える手段ですが、少々不思議な気がしますよね。

また、残暑見舞いって、書き方や葉書の使い方、送る時期で迷います。

そこで残暑見舞いを送る時期はいつまでか、どういう意味があるのか、はがきの場合の例文などをご紹介しますので、少しでも参考になれば嬉しいです。
 
 

スポンサーリンク

 

残暑見舞い 時期 いつまで

 
秋めいてきたと思えば、いきなり暑くなったり、逆に寒さが戻ったり。

いったい残暑見舞いって、いつ出せばいいのかこまりますよね。
 

残暑見舞いを送る時期

立秋前までが暑中見舞いの時期です。その後が残暑見舞いを送る時期です。

ではいつまでに送るのか?それは8月末日までが適当でしょう。

☆ポイント 立秋から8月末日までに相手先に届くようにしましょう

立秋は年によって違います。

いつ出すかのベストなタイミングは、相手先の暑さがピークを過ぎたと感じた時です。

曖昧ですが、相手先に対する心配りが「残暑見舞い」なので心を尽くしましょう。
 

スポンサーリンク

 

残暑見舞いにはどういう意味があるの?

 
贈る時期は分かったと思います。でもここで気になった方もいると思います。

残暑見舞いって、何なのでしょう?
 

過去から受け継ぐ残暑見舞い

起源は江戸時代以前に遡りますが、習慣として広がったのは大正時代になってからのことでした。

1年で最も暑い時期には暑中見舞いでした。

暑さのピークを過ぎれば残暑見舞いです。

どちらも知人などの安否を尋ねるために家を訪問したり、手紙を出すようになりました。

現在は日本郵便からくじ付きはがきの「かもめーる」も発売されています。

「気持ち」に「くじ」という付加価値が追加されたんですね。

郵便局で買ってみるのも良いでしょう。

☆ポイント 相手先に訪問するような気持ちで、残暑見舞いに気持ちを乗せる

残暑見舞いに相手先を訪ねることは少なくなりましたが、気持ちは過去も現在も同じです。

あなたらしく楽しい残暑見舞いを送りましょう。
 
 

残暑見舞いの例文ではがきの場合をご紹介します

 
先ほども述べましたが「あなたらしい」残暑見舞いが何よりです。

ただ、何も参考がないままでは文が思いつかない方もいらっしゃるでしょう。

3つの文例を載せますので、良かったら参考にしてみてください。
 

残暑見舞いの例文(友人家族宛ての場合)

残暑お見舞い申し上げます
立秋を過ぎても厳しい暑さが続いております。
皆様お変わりなくお過ごしですか。
おかげさまで私どもはつつがなく暮らしております。
また皆さんで遊びに来てください。
涼風が立つ頃、ご一緒にお食事などいかがですか。

平成●●年 晩夏
 

残暑見舞いの例文(目上の方宛ての場合)

残暑お見舞い申し上げます

朝夕涼味を覚える頃、○○様におかれましてはますますご健勝のことと拝察いたしております。
当方もおかげ様で平穏無事に暮らしております。
暑中の激務のお疲れが出ておられませんか。
何卒ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。

平成●●年 立秋
 

残暑見舞いの例文(親族宛ての場合)

残暑お見舞い申し上げます。
あの連日の厳しい暑さも幾分和らぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私共は、食欲が衰えることなく、無事夏を乗り切りました。
来年のお盆には○○様にもお会いしたいです。
そちらは秋めいたとニュースで見ました。
夏の疲れが出やすい頃ですので、気を抜かぬようご自愛ください。

平成●●年 晩夏


 

おわりに

 
今回は文例を載せましたが、絵手紙も楽しそうです。

残暑見舞いに想いを馳せるのは素敵ですよね。

是非面倒くさがらず相手を訪ねる気持ちであなたらしい残暑見舞いを書いてみませんか?
 
 
 
 

-夏のくらし
-