暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

美容・ダイエット

夏の化粧崩れとファンデーション!人気なものや化粧崩れしにくい塗り方を教えます

2017/10/28


暑くなり夏が近づいてくるとなんだかわくわくしませんか?

ファッションを楽しめるし、イベントも盛りだくさん。

ところが女性にとっては手放しに喜べない季節でもあります。

この時期いつも以上に人目が気になるのは、体型にムダ毛、そして化粧崩れ。

顔は隠しようがない分、特に何とかしたいところですよね。

そこで今回は夏の化粧崩れに負けないファンデーションのタイプや塗り方、どんなものが人気化をご紹介します。
 
 

スポンサーリンク

 

夏に化粧崩れしにくいファンデーションはどんなタイプ?

 
夏場は汗と皮脂の分泌が増える分、化粧崩れもしやすくなります。

ファンデーションはリキッドタイプとパウダータイプの二種類が現在の主流ですが、どのようなものを選べばよいのでしょうか。

一般的にリキッドタイプはカバー力が強く、ニキビ跡などのトラブルを隠して整った肌を作り出すことができます。

一方パウダータイプは手軽かつ自然な質感を出すことに長けていますが、カバー力ではリキッドタイプに劣ります。

こうしてみるとリキッドタイプに軍配が上がりそうですが、毛穴落ちしやすいというデメリットもあります。

日頃から毛穴の開きが気になる方でしたら、夏の間はパウダータイプを使用するのもひとつの手です。

補正力に不安がある場合は、コンシーラーを併用したり化粧下地をBBクリームに変えてもよいでしょう。

崩せない人の為のベースメイクブランド[LANAREY]

実際私自身も長らくカバー力重視のリキッド派でしたが、日中の毛穴落ちに悩んだ挙句パウダーに切り替えました。

化粧直しもずっと楽になったのでおすすめです。
 

スポンサーリンク

 

夏のファンデーションで人気なのは何?

 
ファンデーションはそれ自体に油分を含んでいます。

これが毛穴から分泌される皮脂と混ざり合うことで化粧崩れを引き起こすのです。

こう聞くと匙を投げたくなりますが、昨今は崩れにくい夏用ファンデーションや皮脂吸着成分を配合した製品も各社から発売されています。

こういった特化型ファンデーションに加え化粧崩れ防止下地を併用することで、ある程度の改善が見込めるはずです。

年中同じ化粧品を使っている方も多いかと思いますが、季節や体調に合わせて上手に使いわけましょう。
 
 

化粧崩れしにくいファンデーションの塗り方は?

 
化粧崩れを防ぐには、まず素肌を整えておかなければなりません。

洗顔後に化粧水と乳液で肌を整えますが、乾燥を防ぐためにも、べたつくからと乳液を省略せずにきちんと保湿しましょう。

それから化粧下地を顔全体に均一にのばし、少し時間を置いて肌になじませます。

ファンデーションがリキッドタイプの場合は額、鼻、顎、両頬に置くようにつけ、スポンジで顔の内側から外側に向かって薄くのばします。

仕上げにフェイスパウダーを軽くはたくと、余分な皮脂を吸い取ってくれます。

パウダータイプの場合は面積の広い額や頬から塗り始め、やはり顔の内側から外側に向けてパフを滑らせます。


 

最後に

 
ファンデーションそのものの性能もさることながら、まずはご自身の肌の保湿や化粧下地ありき。

そのひと手間で化粧崩れしにくくすることができますから、手抜きなしのベース作りも忘れないようにしてくださいね。
 
 
 
 

-美容・ダイエット
-,