暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

夏のお弁当が腐らない為には?いつ作るのがいいかと入れてはいけないものもご紹介


毎日のお弁当作りは大変ですよね。

まして夏場は、おかずやご飯がいたんでしまわないかが本当に心配です。

そこで夏場のお弁当はどうやったら腐らないか、いつ作るのがいいか、入れてはいけないものは何かという夏場のお弁当のコツをご紹介します。

コツを知ることで家族に安全なお弁当を持たせてあげましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

夏のお弁当 腐らないためのコツは?

 
お弁当を腐らせないためにはまず、おかずにしっかり火を通すことです。

出来立てを温かいうちに詰めるのはNGです。

温かいおかずやご飯からは湯気がたちます。

すぐにお弁当箱のふたを閉めることで余計な水分が内部に残り、高い気温で蒸れ、お弁当のいたむ原因となります。

温かいおかずやご飯は必ず冷ましてから詰めましょう。

また、火を通してないおかず、かまぼこやサラダなどは火を通したおかずと接するように詰めてしまうと、細菌が繁殖しやすくなります。

カップを使って分けるとか、バランを使うとか、別の容器にするなどの対策が必要です。

特に気をつけたいのはミニトマトです。

彩も良く見た目も可愛く食べやすいので出番の多いミニトマトですが、入れる時には、必ず緑のヘタを取ってからよく洗って詰めます。

ヘタについている細菌が食中毒の原因になりますので要注意ですね。
 

スポンサーリンク

 

夏のお弁当っていつ作るのがいいの?

 
夏季のお弁当は基本的には当日朝、調理するのがベストです。

何かと忙しい朝、手早くお弁当が作れるかどうかは前日の準備にかかっています。

魚や肉は下ごしらえをし、下味をつけておき、野菜は下ゆでし、焼いたり揚げたりするだけにしておくと良いでしょう。

タレなど調味料を手作りする時にはあらかじめ作っておきます。

ただし煮物は前日に作っておいた方が味もしみて美味しくなります。

常備菜は、便利ですから好みのものをストックしておきます。

もちろん、前日に作ったおかずは必ず朝、中心部まで火を通すことが必要です。

また、サンドイッチは中の具材にもよりますが、前日作り冷凍しておくことができます。

凍ったまま持参するとお昼頃には解凍されて普通に食べられます。
 
 

夏のお弁当に入れてはいけないものって何?

 
「入れちゃダメ!」と言い切るのは難しいのですが、夏場はとにかく食材にしっかり中心部まで火を通すことが大切です。

ハムやベーコン、ソーセージなどの食肉加工品、蒲鉾、ハンペン、カニ風味かまぼこ、ちくわなどの練り製品なども気をつけましょう。

焼いたり、熱湯を通したりしないと油断できません。

卵は半熟状態が一番危険です。

すぐに食べるおかずにはトロッとした半熟の卵焼きやゆで卵も美味しくて良いのですが、暑いですからちゃんと火を通しましょう。

これは自分の失敗で学んだことですが、海苔とカツオ節は盲点です。

「夏だってのり弁が市販されているのに」と思われるでしょうし、お弁当箱を置いた場所にもよるのかもしれませんが、ご飯の水分を吸収した海苔とカツオ節がいたんでしまったことがあります。

この時期はおにぎりを巻く海苔も別に持参することをおススメします。


 

最後に

 
お弁当を食べるのが小さい子供の場合、そのお弁当が安全かどうかを判断することはできません。

また夏の暑さで体力が落ちていると、普段は大丈夫でも食中毒になる可能性が高くなります。

十分に気をつけてあげたいですね。
 
 
 
 

-夏のくらし
-