暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

旦那の実家への帰省土産のおすすめは?大体の相場とお菓子以外のおすすめもご紹介


お盆休みにお墓参りを兼ねて実家へ帰省するご家庭は多いですね。

よそのお宅へ伺う際、マナーとして手土産は欠かせません。

どんなときでも手土産選びは悩ましいものですが、夫の実家へ持参するとなればなおさらです。

そこで今回は旦那さんの実家に帰省する時のお土産のおすすめ、大体の相場、お買い市街なら何がいいかをご紹介します。

センスのよい品を選び、嫁の株を上げましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

旦那の実家へ帰省する時のお土産のおすすめは?

 
帰省土産の定番といえばやはりお菓子です。

義両親の好みをご存じならば気に入ってもらえそうなものを選んでもよいですし、遠方からの帰省となるのならば、なかなか食べる機会のないご当地銘菓という選択も。

いずれにせよ生菓子よりも常温保管できて日持ちのするお菓子がおすすめです。

また親戚の子どもたちが来る予定があるのでしたら、子どもの喜びそうなお菓子を持っていけば義両親もにっこりでしょう。
 

スポンサーリンク

 

帰省土産 の大体の相場はどのくらい?

 
各家庭のお財布事情によりますが、帰省土産の相場はおおむね2,000円~3,000円程度です。

なかなか帰省する機会がなかったりお中元を兼ねたご挨拶としたい場合は、もう少し上乗せしてもよいでしょう。

ただし帰省は一回こっきりのことではなく、今後何度も続きます。

徐々に手土産の金額を下げるのも心苦しいもの。

最初に奮発しすぎてしまうとのちのち自分の首を絞めることになりますので、見栄を張りすぎないようご注意を!
 
 

帰省土産にお菓子以外選ぶとしたら何がいい?

 
甘いものが好きでなかったり、控えていらっしゃる場合はどうでしょうか。

土産物売り場へ行くとたいていお菓子の山ですので悩んでしまいそうですが、お茶請けに固執せず柔軟に考えてみましょう。

例えばお盆の時期ですから、仏壇にお供えできるお花や果物といったチョイスも気が利いていますね。

自分ではなかなか買わないようなちょっと上質なお茶なども、来客時に重宝するでしょう。

そのほか粕漬けの肉や魚といった半調理済みのものや佃煮などであれば、手軽に食卓に並べられてお姑さんも助かるはず。

また車での帰省ならば、ちょっと重いお酒や缶詰も運ぶことができます。


 

最後に

 
ちなみに、夏ならではのひんやりとした食品を贈りたくなる気持ちもわかりますが、冷蔵庫に余裕がなかった場合は悲劇です。

事前確認ができている場合をのぞき、大量の冷蔵品や冷凍品は避けた方が無難ですね。

手土産というとどうしてもお菓子を連想しがちですが、無理にこだわる必要はありません。

先方の好みをはじめライフスタイルやシチュエーションを考慮し、喜んでもらえそうなものを選びましょう。
 
 
 
 

-夏のくらし
-