暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

お盆のお墓参りは何日に行くべき?時間帯やその他のマナーなども確認しましょう


お盆はみんなでお墓参りと考えている人は多いですが、いざとなると何日にいくべきなのか、時間帯はいつ頃がいいのか迷いますよね。

今回はお盆のお墓参りのマナーを確認敷いていきましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

お盆のお墓参りは何日に行くべき?

 
お盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)を略したもので、ご先祖様を供養するための仏教行事です。

お盆は地域によって旧暦か、新暦かが違います。

地域のしきたりにより、旧暦か新暦かが違いますし、亡くなられた方にとって初めてのお盆の時だけを新暦で行う場合もありますので、そのお宅が旧暦でやるのか、新暦でやるのかは確認しておくのが無難です。

お盆の期間は7月13日から15日です。

旧暦だと8月13日から15日です。

13日の夕方早めに家の前で迎え火を焚いてご先祖様をお迎えし、盂蘭盆明けの16日の夕方遅くには飾ってある盆棚を片づけ、送り火を焚いてご先祖様をお送りします。

ですから13日から15日の間にお墓参りにいくのが良いでしょう。
 

スポンサーリンク

 

お盆にお墓参りに行く時は何時ごろがいい?

 
お盆のお墓参りは定番のように思えますが、お寺によっては「お盆の時にはご先祖様は各家庭にお帰りになっているので、お墓参りはする必要ありません」というところもあります。

また、時間帯についても、基本的には何時に行っても構わないとはいえ、霊園でしたら開門、閉門の時間が決まっている場所もあるでしょうし、そこまでの交通機関の営業時間が決まっているところもあるでしょう。

お寺の敷地内の墓所ではあっても、お参りする時には線香は菩提寺で譲っていただくという決まり事があったり、水道や火器の栓を開閉する時間が決まっていたりと、お寺により細かい慣習や決まり事がある場合が考えられます。

お盆のお墓参りの日にちが決まっていれば、故人のお家の方に「お墓参りに伺いたいのですが何時頃でしたら大丈夫でしょうか」と尋ねて、慣習や作法も同時に教えて頂く方が良いかもしれません。
 
 

お盆にお墓参りをする時のマナーは?

 
先ほども述べましたように、お寺や霊園によって慣習や作法が違います。

事前に伺っておくのがベストです。

お線香を持参して良いのか、火器の使用はどうかなどの他にお供えするお花も地域によって違います。夏

場は造花でとか、アオバナ(あすなろ)やしきび(しきみ)をお供えするところもあります。

「お供えしたあとのお花はお持ち帰り下さい」という札の立っているお寺もあります。

お供物もお墓にいったんあげた後で持ち帰り皆で分けて食べるのが供養という地域もありますし、お墓の前でご先祖様と一緒に食べるのが習わしという地域もあります。

また、お供え物をカラスなどに食べてもらうのがご先祖様の召し上がったしるしという所もあります。

このようにマナーやしきたりというものは多岐にわたるので確認しておくと良いでしょう。

新盆のお墓参りの後に故人のお宅に伺うのであれば、お供物や新盆見舞いのお金を用意しておきましょう。


 

最後に

 
いろいろ書きましたが、「お盆にお墓参りを」と申し出があればご家族は喜ばれることでしょう。

肝心なのはその地域やお寺の慣習やマナーを守って、亡くなられた方への思慕、敬意、ご供養の気持ちがお参りによって伝わることなのです。
 
 
 
 

-夏のくらし
-