暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

赤ちゃんとの夏のお出かけの持ち物は?飲み物やおすすめグッズもご紹介

2017/08/02


新生児期が過ぎると、次第に赤ちゃんと外出する機会も増えてきます。

日々の買い物やお散歩やだけでなく、気分転換に少し遠出することもあるかもしれません。

でも暑い夏のおでかけ時には何を持って行ったらいいの?と迷いますよね。

そこで赤ちゃんとの夏のお出かけ時の持ち物や飲み物はどうすればいいか、おすすめのグッズなどをご紹介します!
 
 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとの夏のおでかけの持ち物はどうする?

 
赤ちゃんとのお出かけ時には着替えにタオル、おむつとおしりふき、それからごみ袋は必須です。

また授乳室や調乳室がない場合は、授乳ケープやお湯の入った水筒も欠かせませんよね。

通常のお出かけでも最低限これだけの持ち物が必要ですから、お母さんは大変です。

夏のお出かけはさらに荷物が増えます。

夏場は一層汗をかきますので、可能であれば予備の着替えをもう1セット持ちたいところ。

日焼け止めと帽子、飲み物もお忘れなく!

ベビーカーや抱っこひもを使う場合は、直射日光を避けるためUVカット加工のされた薄手のケープがあると安心です。
 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとの夏のお出かけで飲み物は何を持参する?

 
暑い時期にのどが渇くのは赤ちゃんだって同じです。

むしろ大人よりも代謝がよく体温も高いため、よりこまめな水分補給が必要です。

完母かつ離乳食を始める前であれば、基本的には母乳のみでもかまいません。

それ以外の場合は麦茶や白湯を用意しておき、マグで飲ませてあげましょう。

大人用の麦茶であれば水で薄めて与えますが、ベビー用麦茶ならばそのまま飲ませることができます。

汗をかいたときにはイオン飲料が適していると思われがちですが、赤ちゃんの場合は違います。

甘くておいしいイオン飲料に慣れてしまうと、お茶や白湯を飲まなくなってしまう可能性があります。

下痢などによる脱水症状を予防するためには最適ですが、平常時の水分補給として常用することはおすすめできません。
 
 

赤ちゃんとの夏のお出かけグッズのおすすめは?

 
ベビーカーのシートや抱っこひもの内側に仕込む、専用の保冷剤をご存じでしょうか。

一般的な保冷剤と異なり、冷凍庫に入れてもカチカチに固まらず、ある程度の柔らかさを保てる商品が多いです。

熱中症を避けるためにも、ぜひ赤ちゃん向けのひんやりグッズを活用してください。

またベビー用品売り場へ行くと、ペットボトル入りのベビー用麦茶が売られています。

飲みかけのお茶をマグに入れたままにすると傷みやすく雑菌も繁殖しますので、暑い時期はペットボトルのお茶を持ち歩いて適宜入れ替えてあげるとよいでしょう。


 

最後に

 
自分の荷物なんてほとんど入れていないのに、鞄がずっしり重い、抱っこで密着してお互いに汗だく・・・。

あちこちからお母さんたちのそんな悲鳴が聞こえてきそうです。

夏のお出かけは本当に一苦労ですね。

だけどまだまだ未熟な赤ちゃんですから、快適に過ごせるようしっかり準備して守ってあげましょうね。
 
 
 
 

-夏のくらし
-