暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

春のくらし

夏バテの原因は冷房かも!対策は飲み物そして栄養素です

2017/09/03


夏バテというと暑さで体力が奪われてしまった状態を想像されるかと思います。

しかし冷房病なんて言葉もあるように、暑さから身を守るためのエアコンによる冷たい風もまた、無関係ではないのです。

つまり夏バテの原因が冷房の可能性も十分あるということです。

そこで飲み物や栄養素についてしっかり気を付け、冷房由来の夏バテから身を守りましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

あなたの夏バテの原因は冷房かも!

 
不特定多数の人が集まるオフィスなどでは、空調温度を自分好みに設定することはできません。

省エネや温暖化対策の観点からも推奨温度は28度とされていますが、気づけば暑がりの男性社員に23度くらいまで下げられてしまい、カーディガンを羽織って震えている女性も多いのではないでしょうか。

しかし一歩外に出れば太陽は容赦なく照りつけ、熱風のような空気にさらされます。

このような室内外の寒暖差が自律神経のバランスを崩し、体調不良を引き起こすのです。

夏バテはもはや現代人が避けて通れない病気なのですね。
 

スポンサーリンク

 

夏バテ対策 飲み物で気を付けることは?

 
汗をかくとスポーツドリンクが飲みたくなりますよね。

しかし糖分を多く含むので、水分補給目的で日常的に飲むのは控えたいところ。

摂取量が増える時期だからこそ、甘すぎる飲み物には気をつけなければなりません。

また暑い夏は冷たいものを一気飲みしたくなりますが、冷えすぎた飲み物は胃腸障害の原因にもなります。

特にエアコンの効いた室内などでは、体温を保つためにも暖かいお茶などを飲むといいでしょう。

そのほか、疲労の元となる乳酸の排出を促進するクエン酸が入った飲み物もおすすめです。

クエン酸は梅干しや柑橘類のような、いわゆる酸っぱいものに含まれます。

さっぱりとした口当たりで夏にぴったりですから、こういった果物などを使って最近流行りのデトックスウォーターを作ってみてもいいですね。
 
 

夏バテ対策 必要な栄養素は何?

 
暑さと食欲不振のため、手抜き料理やあっさりした簡素な食事になっていませんか?

ついついそうめんばかり食べてしまったりというかたは意外と多いのではないでしょうか。

しかしそれでは栄養不足ですし、必要最低限のカロリーすら摂取できていないかもしれません。

ダイエット効果はあっても体力がつかなければ意味がありませんよね。

億劫なときは炭水化物メインの献立で済ませてしまいがちですが、夏バテ対策にはビタミン豊富な野菜はもちろん、肉や魚といった体をつくるタンパク質が必要です。

特に疲労回復に効果のあるビタミンB1、汗とともに失われるミネラルなどを意識的に食事に取り入れましょう。


 

おわりに

 
冷房温度を高めに設定できれば体への負荷も減らせますが、個人の裁量ではそうもいかないのが実情です。

衣類による体温調節や回復に効果的な栄養素を取り込むことで、夏バテした体を労わってあげましょう。
 
 
 
 

-春のくらし
-