暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

妊娠・出産・子育て

出産の準備であると便利なものは何?必要な物や使わなかったものもご紹介


妊娠が判明してから少しずつベビー用品を買い揃え、赤ちゃんのための支度がひと段落着いた頃に、今度はご自分の出産の準備をしなければなりません。

つまり出産のための入院の準備です。

入院の準備といっても、着替えや洗面用具、タオル類以外に何を用意したらいいのか迷いますよね。

出産という目的だからこそ、必要な荷物もただの入院とは違います。

そこで実際に出産を経験したママさんから出産の時の必要グッズについて聞いてみました。

出産時に「あると便利なもの」「必要な物」「使わなかったもの」、準備をする時に是非参考にしてくださいね。
 
 

スポンサーリンク

 

出産前に準備しておいて良かった便利なものって何でしたか?

 
ペットボトルの蓋を外して取り付けるストローキャップは、陣痛室ではもちろん分娩室に移動してからも大活躍でした。

これがあれば横になったまま飲むことができますし、付き添いの家族に飲ませてもらうときにも役立ちます。

後述しますが陣痛が強くなると水分を取ることくらいしかできなくなりますので、この細いストローが頼みの綱です。

想像以上に便利なものですから、忘れずに持って行くことをおすすめします。
 

スポンサーリンク

 

出産の準備でこれは必要な物!と断言できるものは何ですか?

 
私の場合暑い季節の出産でしたが、病室内の空調がほとんど機能しておらずとにかく暑さに辟易しました。

授乳用下着は洗い替えを含め三枚用意準備していたのですが、ひどい汗のため一日に何度も着替えたいくらいでした。

のちのち使うものなのだから、様子見などと考えずに最初からもっと買っておけばよかったと後悔しました。

また経産婦さんならばそれほどではないそうですが、私の場合は初産かつ大柄な赤ちゃんだったので会陰切開の傷と裂傷が大きく、特に入院中は激痛で座ることもできませんでした。

退院後も使えますので、円座クッションは買っておいて損はないと思います。

それから入院中はとても退屈です。

たまに家族がお見舞いに来てくれますが、それ以外はほとんど寝てばかりの赤ちゃんと過ごさなければなりません。

眠ることに飽きてスマホを見ようにもWi-Fiがない病院でしたので、暇つぶしの本や雑誌は必携でした。
 
 

出産のために準備していたけど使わなかったものってありましたか?

 
ずばり、大量買いした食料です。

「陣痛が長引くと食事を摂れないので、簡単にエネルギー補給できるお菓子を準備」との情報を得て、バータイプの栄養機能食品やパック型ゼリー飲料を蓄えました。

出産はとにかく体力を使うので食べられるときに食べておくべき、ともあちこちで聞きかじったためです。

が、実際にはそんな余裕はまったくありませんでした。

前駆陣痛の合間になんとかおにぎりをひとつ食べただけで、以降は水分補給をするのがやっとです。

大好きなチョコレートくらいなら隙を見て食べられるだろうと踏んでいましたが、食べる気力すら起きません。

必要以上に食糧を持ち込むよりは、とにかく水やお茶のペットボトルを多めに準備しましょう。

もちろん院内に売店や自動販売機があって買いに行ってくれる人がいるのなら、これも慌てて買い込む必要はありませんね。


 

おわりに

 
大抵の病院では、出産時に必要なものは事前に一式支給されますよね。

産褥パッドなども含まれますので不足時には売店で買い足せばよいと思います。

しかし用意されるのはあくまで不可欠なものですから、それ以外は個人でリサーチして準備しなければなりません。

ここではひとりのママさんの感想をもとにご紹介しましたが、選択の一助になれば幸いです。

出産は大変ですが、頑張って大仕事を乗り越えて、かわいい赤ちゃんに会ってくださいね♪
 
 
 
 

-妊娠・出産・子育て
-