暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

夏のくらし

初デートが花火大会だけど浴衣はあり?浴衣デートの注意点と必需品は?

2017/09/03


夏休みには浴衣でデートをしたいな、なんてお考えの女性は多いですよね。

浴衣は見た目にも涼しく、洋服とは異なる大人の色気や奥ゆかしさを感じさせてくれます。

着慣れていないと所作に戸惑うことはあるかもしれませんが、いくつかのポイントをおさえれば気後れすることはありません。

初デートだとしても大丈夫です!

注意点や必需品などもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

この夏はぜひ浴衣デートに挑戦してみてください♪
 
 

スポンサーリンク

 

初デートの花火大会だけど浴衣でも大丈夫?

 
初デートが花火大会、という方も結構多いですよね。

せっかくの機会なので浴衣で行きたいという方も多いと思いますが、初デートで浴衣ってどうなの?と心配な方も多いのではないでしょうか。

でももちろん大丈夫です!

浴衣を着られる機会は限られており、夏のうちでも花火大会かお祭りくらいではないでしょうか。

ならばこのチャンスを活かして、いつもと違う自分を見てもらうべきです。

ただし思うように動けなくて相手に気を遣わせてしまう可能性もゼロではありません。

交通機関を上手に使ってあちこち歩き回るプランは避け、花火観覧と食事くらいに留めておくといいかもしれませんね。
 

スポンサーリンク

 

浴衣デートでの注意点は?どんなことに気を付けるべき?

 
洋服でのお出かけと違い、浴衣ならではの注意点があります。

第一に、胸元がはだけたり帯が解けてしまったりといった着崩れです。

慌てないためにも簡単な直し方を覚えておきましょう。

和服には袂の付け根、脇の部分に身八ツ口という穴があります。

右の衿を直したいときは左側から手を差し込んで引っ張り、帯紐の中に入れこみます。

左の衿の場合は帯下にあるおはしょりという生地の重なった部分を引っ張って、余った生地は帯の中に折込んで整えましょう。

背中側のたるみの直し方もこれと同様です。

花火大会のように混雑する場所では、人波にもまれて帯が解けてしまうことがあります。

自分で結び直すことができればベストですが、自信がなければ作り帯を使うとよいです。

予め文庫結びの型が固定されており、これを身体に巻きつけた帯に差し込むだけで手軽に装着することができます。

それから気をつけたいのは下駄による靴擦れですが、これは鼻緒の硬さが原因です。

当日いきなり下駄を履くと靴擦れのリスクが高まりますので、可能であれば少し近所を歩くなどして履き慣らしておくとよいでしょう。

また下駄を履くときは足をあまり深く差しこまず、つっかけるようにして歩きます。

かかとが後ろに少しはみ出す程度でOKです。
 
 

浴衣デートの必需品って何かある?

 
浴衣と帯だけでなく、服飾小物にも気を遣いましょう。

せっかく浴衣を着るのなら、手持ちのトートバッグやサンダルを合わせるより、巾着や籠のような和装用鞄と下駄でコーディネートしたほうが断然素敵です。

浴衣用の鞄は小ぶりで荷物はあまり入りませんから、かなり厳選しなければなりません。

長財布などを持ち歩くのは困難なので、パーティーバッグに入れるような小型財布があれば中身を移し替えて使用しましょう。

靴擦れに備えて絆創膏も忘れずに。

また使用頻度の高いスマートフォンは、胸元の帯と浴衣の間に差し込んでおくとさっと取り出せて便利です。

小物をしまえるようポケットつきの帯板もありますので、ひとつ持っていると役立ちます。


 

おわりに

 
身近に着付けのできる人がいればお願いしてもいいですが、自分で着る予定ならば一度は事前練習しておきましょうね。

浴衣を着た人が大勢が集まる場では着付けの差は一目瞭然ですが、きちんと着こなせていれば彼の目にも非常に女性らしく映るはずです。

ぜひ浴衣美人を目指してくださいね♪
 
 
 
 

-夏のくらし
-