暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

秋のくらし

お宮参りの服装はママは着物が一番?カジュアルでもOK?秋のお勧めは?


お宮参りとは地域の氏神様に赤ちゃんの健やかな成長を祈念する神道の行事で、生後30日頃に行われます。

掛け着をした赤ちゃんを父方の祖母が抱っこする画が浮かびますが、そのとき隣に立つ母親は着物を着ているイメージではありませんか?

お宮参りではやはり着物を着なければならないのでしょうか。

そこでお宮参りでのママの服装についてご紹介します。

カジュアルな格好でもいいのか、秋の場合のお勧めや注意点もご紹介しますね。
 
 

スポンサーリンク

 

お宮参りのママの服装は着物が一番?着物以外のオススメは?

 
お宮参りの服装といえばやはり着物を連想します。

ひと昔前は母親が和装が主流でしたが、今は洋装での参拝もメジャーになりつつあります。

お宮参りでは当然写真撮影をするでしょうから着物を着て行けばよい記念になりますが、赤ちゃんのお世話、特に授乳時は厄介です。

着付けの直前直後で授乳するとして三時間程度で全行程を済ませられるならば着物でも大丈夫でしょうが、スムーズに進まなかったり赤ちゃんがお腹をすかせて泣きだしたら困ってしまいます。

粉ミルクで対応することもできますが、長時間授乳できずにいると胸が張って痛くなるかもしれません。

そういった事態を考慮すると、ママの服装で一番安心できるのはフォーマルセットアップです。

授乳対応タイプならば便利ですし、非対応でもツーピースならばインナーをめくって授乳できるので問題ありません。

ご自身やお姑さんが着付けをできるという場合は、場所さえ確保できれば一旦着物を脱いで授乳してもよいでしょう。

着物を着るか否かは、授乳対応の可否によると言えるのかもしれません。
 

スポンサーリンク

 

お宮参りの服装はママはカジュアルでも大丈夫?

 
お宮参りの服装に規定はありませんが、だからといってTシャツにジーパンでは寂しすぎます。

記念行事であること、またまがりなりにも神様にお願いしに行くことを考えれば、やはりある程度のフォーマル感が欲しいところです。

着物やフォーマルセットアップ以外をお考えならば、きれいめなスカートと授乳できそうなトップスに落ち着いたジャケットやカーディガンを合わせてみてはいかがでしょうか。

前開きでないワンピースだと授乳が困難なので、その後食事会の予定があるなど長丁場になりそうなら避けた方が無難です。
 
 

お宮参りのママの服装で秋のおすすめは?

 
秋の服装のお勧めは訪問着ならば萩や紅葉といった秋の柄入りだと粋ですね。

季節による色の縛りはありませんが、色無地であれば暖色にしてみると秋らしくなりそうです。

レンタルされる場合はこういった選択の余地がありますが、季節外れの柄などでなければお持ちの着物でも大丈夫ですよ。

洋装でしたら気候に合わせて着こなせばよいでしょう。お祝い事ですから、ストッキングは黒よりも肌色が適しています。


 

おわりに

 
伝統行事ですし、着物を着られたらそれに越したことはありませんよね。

けれども生後一か月の赤ちゃんを連れて着物で出かけるのはとても大変なこと。

仮に着物が着られなくても、七五三や入学式など和装して子供と記念写真を撮る機会はこの先もあります。

無理せず自分らしいスタイルでお参りしましょう!
 
 
 
 

-秋のくらし
-