暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

ハロウィン

ハロウィンの仮装を親子で楽しもう!手作りだってこんなに可愛い♪注意点もご紹介します


ハロウィンは10月31日に行われるケルト民族の祭事です。

秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的意味合いのある行事でしたが、アメリカ合衆国での伝統行事として行われるようになると、宗教的意味合いはほとんどなくなり、カボチャでランタンを作ったり、子供たちが仮装したりして、お菓子をねだるようなイベントになってきています。

日本では大人も子供も仮装を楽しみ、ハロウィンパーティーやイベントに参加する日になってきていますね。

中にはママ友や子供たちと一緒にハロウィンパーティーをする方も多いのではないでしょうか。

ハロウィンパーティーでは是非親子で手作りの仮装を楽しんでみませんか?

お金をかけず可愛く手作りできちゃうハロウィンの親子仮装をご紹介します!

また、仮装をするときの注意点も確認しましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

ハロウィンの仮装を親子で楽しもう!

 
親子で楽しむハロウィンの仮装なら、やっぱりお揃いが絶対楽しい!

それには簡単に揃えられて、大人が着てもおかしくない物を選びましょう。

そしてわざわざ衣装を買ったりグッズを買う必要はありません。

家にあるものを使って簡単に手作りしちゃうことも工夫次第では可能なんです。

そんな親子で楽しめるハロウィンの手作り仮装をいくつかご紹介しますね。
 

スポンサーリンク

 

ハロウィンの仮装は親子で手作りしちゃいましょう!

ハロウィンの親子仮装:「ウォーリーを探せ」

例えば「ウォーリーを探せ」のウォーリーだったら、手持ちに赤い縞のシャツがあれば一番ですが、白いTシャツに赤いビニールテープで横縞をつけてもOK!

Gパンを履き、幼稚園の紅白帽子の白い方を利用して縁に赤いビニールテープを巻き、サランラップの芯を切って、黒いビニールテープを巻き付けて眼鏡を作り、黒い紐でネックレスのように首から下げます。

写真を撮る時など感じを出したい時だけ、目に当てるようにすれば遊んでいて転んでも痛くありません。大人は手持ちのキャップでもOKですよ♪
 
 

ハロウィンの親子仮装:「魔女の宅配便のキキとトンボ君」

キキは長袖の黒のワンピースや黒のロングTシャツを子供とお揃いで着て、頭に赤いバンダナか、100円ショップなどで売っている赤い蝶ネクタイをカチューシャにボンドでくっつけて頭に載せてもかわいいです。

トンボ君は白い襟のシャツに蝶ネクタイと吊りバンドでもいいし、ウォーリーTシャツにしてもOK。

眼鏡を作り、画用紙を二つ折して脇をガムテープで裏から貼り、紐を通してバッグを作り、自転車の絵を描いてあげれば、トンボ君アイテムが揃います。

ママがキキならパパも思い切って赤い蝶ネクタイでトンボ君スタイルに。
 
 

ハロウィンの親子仮装:「怪盗グルーのミニオン大脱走のミニオン」

これも手持ちに黄色いパーカーかトレーナーにオーバーオールがあればすぐできます。

パーカーの頭部分か、幼稚園の黄色い帽子に黒テープで頭の毛を貼り付け、ラップの眼鏡に画用紙で底を作り目玉を書き入れ、黒いテープで頭部分に貼り付けます。

オーバーオールの胸元にGのマークを黒テープでつければ出来上がり。

大人は黄色いヘルメットを加工しても黄色いバンダナでもOK。

大事なのはなりきっちゃうこと♪
 
 

ハロウィンパーティーで仮装を楽しむ時の注意点

 
小さい子供たちが一緒に楽しめることが前提ですから、長い杖や棒、剣など尖ったものなど、遊んでいるうちにお友達をケガさせてしまうようなものを持たせるのはNGです。

それとお友達を必要以上に怖がらせるような、血や傷、骸骨などを連想させるようなシールやメイクはやめておきましょう。

また、ドレスなどで裾を引きずって転んでしまいそうなほど長いものなどは、いくら本人が気に入っていても、お友達が踏みつけて転んでしまったり、汚れたりということでトラブルのもとになりますから、避けたほうが無難です。


 

終わりに

 
折角のハロウィンパーティーです。

パパもママも負担が少なくて、自分たちも楽しめる催しにしたいですね。

仮装に抵抗のあるパパには、ボディステッカーを手に貼るだけでもいいし、画用紙で黒コウモリやカボチャを作って裏に安全ピンを張り付けて胸ポケットに留めてもらったり、腕章にしたり。

あとから思い出しても楽しい家族の思い出ができれば最高ですよね。
 
 
 
 

-ハロウィン
-