暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

日々のくらし

台風時の通勤の服装アドバイス♪大雨にはこんなバッグや靴がおすすめ!

2017/10/01


雨の日の通勤は大変ですよね。

小雨程度ならまだしも、大雨となると靴は浸水し、強風に煽られて服やバッグもびしょ濡れに・・・。

そんな被害を軽減するために、台風時の通勤の服装はどうすればいいか、通勤バッグや靴についてご紹介します。
 
 

スポンサーリンク

 

台風時の通勤の服装で考えておくべきことは何?

 
吹きつけるような雨の日は、レーヨンやシルクのような水に弱い素材の服は避けたほうがよいでしょう。

家庭で惜しみなく洗濯できるコットンなどであれば、濡れることを過剰に気にせずにすみそうです。

また台風時にはレインコートが活躍します。

昨今のレインコートは色柄ともに多種多様で、なかにはトレンチコートそのもののデザインも見られます。

これならばカジュアルすぎることもなく、オフィスに着ていっても何の違和感もありませんね。

レインコートを取り扱うメーカーは多々ありますが、レイングッズブランド「w.p.c.」はリーズナブルで種類も豊富です。
 

スポンサーリンク

 

雨の日の通勤バッグのおすすめは?

 
残念ながら、ビニール製のバッグでもない限り雨に耐えることはできないでしょう。

ナイロン素材や撥水加工されたものならば多少の雨ははじくことができますが、バッグの中身の安全は保障できません。

そのため雨だからとバッグを別のものに変えるよりも、いつものバッグに装着できるレインカバーを活用するのがおすすめです。

撥水加工済みのカバーをバッグにかぶせ、持ち手だけが外に出るタイプが主流です。

値段も千円~二千円程度とお手頃なので、急な雨に備えて常にバッグの中に入れておけばいざという時に役立ちます。

革製のバッグなどは水に濡れるとシミになりやすいため、防水スプレーとこのようなレインカバーを併用するとよいでしょう。
 
 

雨の通勤でおすすめの靴(レディース)はこちら

 
職場で履き替えが可能ならば、最適なのはレインブーツです。

近年は実に様々なレインブーツがあり、ショート丈やエナメル調、スニーカー型にヒールつきなど驚くほどの進化を遂げています。

冬用ブーツのようなおしゃれなものも珍しくなく、昔ながらのゴム長靴とは全くの別物です。

防水という観点からは、断然ロング丈のレインブーツをおすすめします。

ふくらはぎは歩行時の水の跳ね返りも相まって意外と濡れがちだからです。

さらにソールと一体成型かつファスナーがなければ、縫い目から水がしみこんでくることもなく完全防水となります。

ただし材質上夏季や気温の高い時期は非常に蒸れるため、におい対策や脱いだあとのケアが必要です。

ブーツが難しい場合は防水仕様のパンプスという手もあります。

一見何の変哲もないパンプスなのでスーツとの相性はばっちりですが、大雨の日にはあまり意味を成さないかもしれません。

予備のストッキングやタオルを持参して出社後に身支度を整えなおしましょう。


 

おわりに

 
一度に全て揃えることはできなくても、レインシューズに変えるだけで雨の日のストレスがかなり減ります。

傘のみで過ごしている方は、まずは足元から見直してみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 

-日々のくらし
-