暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

日々のくらし

ローストビーフに合う献立をご紹介♪付け合わせのおすすめも教えちゃいます


ご家族のお祝いごとやホームパーティーなどにもよく登場するローストビーフ。

でもローストビーフの時の献立って他に何を作ったらいいんだろう・・・と結構困りますよね。

そこで、今回は豪華メニューの定番「ローストビーフ」に合う献立をご紹介したいと思います。

付け合わせのおすすめもご紹介しますね!
 
 

スポンサーリンク

 

ローストビーフがメインの時の献立のおすすめは?

 
主婦の方ならご家族のお祝い事に料理をふるまいたいと思われる方も多いと思います。

特に旦那さんやお子さんのお誕生日、記念日などにはいつもと違ったお料理でアッと驚かしたいですよね。

そこで、今回は豪華メニューの定番「ローストビーフ」合う献立をご紹介したいと思います。

いつもと同じメニューでも盛り付け方一つでグレードアップできちゃいますよ。

ローストビーフがメイン料理ということで、あと欲しいものは「主食」「サラダ」「スープ」ではないでしょうか。

それぞれのおすすめレシピをご紹介します。
 
 

ローストビーフの時の主食のオススメ:なすのボロネーゼパスタ

ローストビーフの時にはライスではなくパスタをあわせてみてはどうでしょうか?

ボロネーゼとローストビーフとの組み合わせもばっちりです♪

パスタをゆでてソースをかけるだけなので事前に準備できちゃうのもとても嬉しいポイントです。

≪材料≫
・なす1本
・玉ねぎ:1/2個
・にんにく:1かけ
・オリーブオイル:大さじ1
・合挽き肉:150g
・トマト缶:1缶
・ケチャップ:大さじ4
・ウスターソース:大さじ2
・砂糖:小さじ1
・塩コショウ:適量
・パスタ:2人分
・パセリ:適量

≪作り方≫
①なすはお好みの形に切り、水にさらしておく。
②玉ねぎとにんにくはみじん切りにしておく。
③フライパンにオリーブオイルを温めにんにくを入れ、弱火で炒めます。
④にんにくの香りがしてきたら合挽き肉を加えて軽く炒めます。
⑤玉ねぎと水をきったなすも加えてしんなりするまで炒め、トマト缶を加えて炒めます。
⑥ケチャップ・ウスターソース・砂糖を加え、塩コショウで味を整えます。
⑦パスタを茹でてお皿に盛りつけ、⑥のソース・パセリを添えれば完成です。

お好みでパルメザンチーズを振りかけてくださいね。
 
 

ローストビーフの時のサラダのオススメ:ツリー仕様のポテトサラダ

クリスマスに是非挑戦していただきたい立体型のポテトサラダです。

お野菜はにんじんやブロッコリーが彩りもキレイでおすすめです。

レンジか茹でて柔らかくしておいてくださいね。

また、お野菜やハムを星型やハート型等でくりぬいて使うと更に可愛くなります。

≪材料≫
・じゃがいも:大2個
・マヨネーズ:大さじ1
・塩コショウ:適量
・お好みのお野菜やハム:適量

≪作り方≫
①じゃがいもの皮をむき、レンジか茹でて柔らかく潰します。
②①にマヨネーズを加えて、塩コショウで味を整えます。
③出来上がったポテトサラダを円錐のツリー仕様に盛り付け、お好みのお野菜やハムをツリーに付けていきます。
 
 

ローストビーフの時のスープのオススメ:きのことベーコンのミルクスープ

ローストビーフにはさっぱりしたコンソメスープが合うのかな?と思いきや、ミルクスープがとっても合うんですよ!

是非試して欲しいです。

≪材料≫
・しめじ:1/2パック
・玉葱:1/4個
・スライスベーコン:2枚
・バター:10g
・薄力粉:15g
・水:200cc
・コンソメキューブ:1/2個
・牛乳:25cc
・ブラックペッパー:適量

≪作り方≫
①しめじは石づきを切って半分に、玉葱は1cm角、ベーコンは1cm幅に切ります。
②鍋にバターを溶かして玉葱を弱火で炒めます。
③①の鍋にしめじとベーコンも加え炒めます。
④薄力粉も加えて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
⑤水とコンソメも加え、ひと煮たちさせます。
⑥最後に牛乳を加えてブラックペッパーで味を整えれば完成です。
 
 
今回は主食をパスタで考えましたが、他にもグラタンやピザ、和食の場合ローストビーフ寿司にするのも良いかもしれません。

また、お祝いを大人数でされる場合はプラス「鮮魚のカルパッチョ」などの冷菜や「キッシュ」など卵料理、一口サイズで食べやすい「ブルスケッタ」、「パエリア」などもおすすめです。
 

スポンサーリンク

 

ローストビーフの付け合わせのおすすめ例

 
せっかくのローストビーフなので付け合わせや盛り付け方で盛り上げましょう。

おすすめの付け合わせは、「玉ねぎスライス」「マッシュポテト」「緑と赤のお野菜」です。

玉ねぎスライス
は、薄く切り水にさらしておくことで苦みもなくなります。

ローストビーフと一緒に食べると口の中で調和しサッパリと食べることができます。

レッドオニオンを使用すると彩りも良くなりますよ。

マッシュポテトはお子さんが大好きな料理の一つです。

ローストビーフで包んで食べるのも美味しいです。

※副菜でポテトサラダを作られる時は料理が重複するので避けた方が良いかもしれません

緑と赤のお野菜は彩りを良くし見た目が華やかになるだけでなく食欲もアップします。

アスパラガスやブロッコリー、クレソンやレタス、そしてトマトやパプリカがキレイです。

大人の方には、西洋わさび「ホースラディッシュ」もおすすめです。

そして、忘れてはいけないのが盛り付け方。

ローストビーフをただ並べるだけでなく、薔薇の花のように巻き付けたり、二つ折りにして円を描くように並べたり、カルパッチョ風に1枚ずつにソースをかけて並べたり.

お皿1皿に大きめのローストビーフ1枚を添えたりと見せ方一つで大きく変わります。

是非、ご家族のお好みにアレンジしてみてくださいね。


 

さいごに

 
ローストビーフ一つにとっても、他の献立や付け合わせ、盛り付け方でもっとお祝いムードを高めることができます。

是非、それぞれのご家庭らしさを上手に活かしてくださいね。
 
 
 
 

-日々のくらし
-