暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

インフルエンザ 予防接種後の腫れの対処法!お風呂は大丈夫?どれくらいで治まる?


インフルエンザの予防接種を受けた後に腫れてくると「これって大丈夫なの?」と不安になりますよね。

実際に予防接種を打ったところが赤く腫れてしまうことは結構よくあります。

そんな時の対処法はどうすればいいのか、お風呂には入って大丈夫なのか、どれくらいでひけてくるのかなど、インフルエンザの予防接種後の腫れについて確認しましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防接種後に腫れた場合の対処法

 
インフルエンザの予防接種後に腫れる人の割合は、約10~20%程度だと言われています。

腫れる理由は、体の中でインフルエンザウイルスに対する抗体を作るための免疫反応が起こっているからで、正常にワクチンが作用している証拠でもあります。

腫れは自然におさまるので、特別な対処をする必要はありません。

どうしても腫れがひどくて気になったり、痛みやかゆみが出る場合は、タオルでくるんだアイスノンや、冷やしたタオルをあてて様子をみましょう。

予防接種を受けた部分にシップを貼ったり、揉んだりするのはよくありません。

軽く冷やす程度以外には、あまり刺激をしない方がいいでしょう。

小さいお子さんの場合は、お母さんが気にすることで本人も気になってしまい、触ったり掻いたりしてしまうこともありますので、痛みが伴わない場合は本人が気にしないよう普段通りにしている方がいいでしょう。
 

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種後に腫れてもお風呂に入って大丈夫?

 
インフルエンザの予防接種の後は、お風呂に入っても大丈夫です。

腫れや痛みがあっても、基本的には問題ありません。

ですが、体をあたためすぎると腫れや赤み、痛みなどの症状が強くなってしまうことがあります。

お湯はぬるめに設定し、長風呂は避けて、さっと入る程度にしておきましょう。

腫れがひどい場合には、湯船には浸からずシャワーにしておくといいでしょう。

また、体を洗う際は予防接種を受けた部分を強くこすらないように注意してください。

他にも、体をあたためすぎること、例えばサウナや激しい運動も避けるようにしましょう。

もちろん飲酒もよくありませんよ。
 
 

インフルエンザ 予防接種後の腫れはどれくらいでひけてくる?

 
インフルエンザの予防接種をした後に腫れてくる場合は、24時間以内に症状が現れます。

腫れと共に、赤みや痛みなどが起こることもあります。

予防接種後の腫れは特に何もしなくても、1~3日程度で自然とおさまります。

赤みや、痛み、受けた部分がかたくなったりする症状も腫れと同じように1~3日程度でおさまりますので、自宅で様子観察をしましょう。

しかし万が一3日を過ぎても、なかなか腫れがおさまらない場合や、腫れや赤みがどんどん広がっていく場合には、医師の診察を受けるようにしてください。

自己判断で薬を塗ったりは絶対にしないようにしてくだいね。


 

インフルエンザワクチン後の腫れはよくあること

 
このように、インフルエンザの予防接種の後に腫れたり赤くなったりすることは、特別珍しいことはありません。

ですがやはり自分の体に何かが起こっているというのは怖いことでもありますし、小さいお子さんであれば自分の体以上に心配にもなってしまいますよね。

予想外の症状が現れた時に、必要以上に焦ったり、間違った対処をしてしまわないよう、正しい知識をあらかじめ身につけておくようにしましょう。
 
 
 
 

-健康
-