暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

ノロウイルスの消毒方法!消毒液の作り方と市販のおすすめについて


ノロウイルスで大事なことは二次感染を予防することです。

ウイルスが非常に小さいため、気づかないうちにいろんなところに付着している可能性があり、しっかり消毒を行わなければ、感染がどんどん広がってしまうのです。

そこでノロウイルスの二次感染を防ぐための消毒方法について確認しましょう!

消毒液の作り方や市販されている消毒液についてもご紹介しますね。
 
 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスの消毒方法はどうすればいい?

 
ノロウイルスの消毒は、基本的には消毒液を含ませたペーパータオル等で、汚染されている部分をふき取る方法で行います。

調理器具などはあらかじめ洗剤で洗ってから消毒液で拭きますが、加熱できるものは熱湯消毒をしましょう。

吐物や便などは周りに飛び散らないようにまとめ、ビニル袋などで密閉して破棄します。

その後付着した可能性のある部分を濃度の濃い消毒液を使って拭くようにしましょう。

消毒液で拭くことのできないリネン類は熱湯で消毒するか、天日干ししよく乾燥させた後にスチームアイロンを使用すると効果的です。
 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスの消毒液の作り方を教えます!

 
ノロウイルスは、次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒液が効果的です。

次亜塩素酸ナトリウムと言われてもピンと来ないと思いますが、家庭用塩素系漂白剤に含まれていますので、そちらを使った消毒液の作り方をご紹介します。

ノロウイルスにかかっている人が直接触れた物、ドアノブや手すりなどに使う消毒液は、家庭用塩素系漂白剤10mlを水2.5Lで希釈します。

ノロウイルスにかかった人の吐物や便が付着した部分に使う消毒液は、家庭用塩素系漂白剤10mlを水0.5Lの水で希釈します。

※家庭用塩素系漂白剤の濃度は5%のものを使用。

※5mlは、ペットボトルのキャップ一杯で計量できます。

※衣類、リネン類など色落ちが気になる布製品には使用できません。

水道水に溶かすだけでOKな商品もあります。
大切な家族をウィルスから守る!【JiAREX(次亜塩素酸水)】
 
 

ノロウイルスの消毒液って市販されている?

 
上記の方法で、消毒液はご自宅でも簡単に作ることができますが、忙しくて手間がかかるという場合もありますよね。

そんな時のために、消毒液としてそのまま使えるものも市販されているんですよ。

ノロウイルスに有効な消毒液はいくつかありますのでご紹介します。

ノロウイルスに有効な消毒液

≪ウィルバス≫
飲食店などでよく使われている消毒液で、布やステンレス、食品に直接かけることもできます。濃度によってウィルバス、ウィルバス200、ウィルバス1000の3種類があります。汚物処理の際は、最も濃度の高いウィルバス1000がおすすめです

≪イーフィックス≫
ノロウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスやSARSウイルスにも有効です。口に入れても害がなく、手荒れのリスクも少ないので、使いやすい消毒液です。介護業界でも浴槽洗浄などに使われています。

≪アルタンノロエース≫
柿渋を使って作られている消毒液なので、白い物に使うと色移りすることがあります。ですが、柿渋以外にも食品添加物などの口入れても問題のない成分が使われているため、安全性の高い消毒液と言えます。柿渋がノロウイルスに有効だという試験もしっかり行われています。

 
水道水に溶かすだけでOKな次亜塩素酸水も通販で購入可能です。
大切な家族をウィルスから守る!【JiAREX(次亜塩素酸水)】


 

最後に

 
ノロウイルスは家庭内で蔓延しやすいウイルスです。

小さいお子様がいるご家庭は特に注意して、しっかり二次感染予防を行ってくださいね。
 
 
 
 

-健康
-