暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

美容・ダイエット

手の甲のシミを消したい!年齢を隠したいならお手入れ方法必見です!


ふとした瞬間に手の甲のシミやくすみが目についてビックリしたことはありませんか?

また、若い人の手を見て自分の手との違いを痛感した人も多いはず。

手は年齢を隠せないというのは本当だなと思いますよね。

でもできるだけ綺麗な手を保ちたいと殆どの方は思っていると思います。

手の甲のシミを消したいと思っている方へ、どうやったら手の甲をきれいにできるのか、お手入れ方法などをご紹介します!
 
 

スポンサーリンク

 

手の甲のシミを消したい方へ

 
自分の手は毎日見ているので変化に気付きにくいのですが、着々と老化しています。

老化というと身も蓋もない言い方になってしまいますが、実際手の甲のシミの殆どは老人性色素班(ろうじんしえしきそはん)であることが多いのです。

この老人性色素班の原因の代表となるのは紫外線です。

紫外線を浴び続けたことによってできてしまうシミのことで、顔や手などにできやすいと言われています。

女性の場合、顔はしっかりと紫外線予防している方が多いのですが、手の甲のケアはおろそかになっていることが結構多いです。

また、紫外線カットの化粧品などでUVケアをしていたとしても、家事などで手を洗う機会が多く、結果としてせっかくのケアが意味をなさないこともあります。

年齢が重なるとともに、浴び続けた紫外線の影響が、シミとなって表れてしまうのがこの老人性色素班なのです。

一旦できてしまったこのシミを消すことは簡単ではありませんが、不可能ではありません。

手の甲は顔よりもあまりしっかりとお手入れされてこなかった分、しっかりとお手入れしてあげることによってケアの効果が出やすいのです。
 
 
諦めずにお手入れを続けていくと、時間はかかりますが今よりもずっと良い状態になりますし、今後の老化のスピードを緩めることにもつながります。

是非手の甲のお手入れをしましょう!

具体的には、3つのステップがお手入れの中心となります。

顔のお手入れとほぼ同じなのですが、

1.取り除く
2.与える
3.守る

この3ステップが必要になりますが、中でも最も重要なのが「取り除く」ことです。

たまってしまった余分な角質を取り除かなければ、いくら高濃度のすぐれたクリームなどを与えても浸透していきません。

顔用ではなく手の甲用に開発されたピーリング剤などが効果が出やすくおすすめです。

手の甲の紫外線蓄積には『ルミナピール』

また、顔の老人性色素班用のケア商品も手の甲のシミにも使えます!

1つでクレンジング・ホワイトニング・毛穴ケアまでしてくれる老人性色素班用ケア製品で顔と手の甲を同時にケアしている方もいます。

私も顔の老人性色素班を根気よくケアしていった結果、すっかり目立たなくなりましたので、是非諦めずにお手入れして欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

手の甲のシミで年齢がばれる!

 
よく手は年齢を隠せないといいますが、これはある程度の年齢になると実感できる重みのある言葉です・・・。

シミだけでなく血管も若い時に比べて青く浮き上がってきますので、一旦気になりだすと手を出す場面などはすごく憂鬱な気持ちになりますよね。

血管に関してはなかなか自分の力では治しにくいのですが、シミやくすみは頑張ってお手入れをすれば結果が出やすいです。

そして今お手入れを頑張ることによって、手の老化を遅らせることもできます。

年配の方でもシミのない綺麗な手をしている方は沢山います。

シワがあっても血管が出ていても、シミやくすみがないとすごく素敵です!

そうなれるよう、今からお手入れを頑張りたいですね!
 
 

手はお手入れ方法次第で若返る!

 
年齢を感じる「老け手」はお手入れ方法をしっかりとすることで若々しくなる可能性がまだまだあります!

紫外線が手の老化を進めるとお話ししましたが、老け手の原因は紫外線だけではありません。

他の大きな要素としては「乾燥」「冷え」などがあります。

乾燥したり冷えたりすることで、手の皮膚の新陳代謝が低下し、ターンオーバーが滞り、紫外線の影響を受けた角質がいつまでも居残りシミの原因にもなります。

また、冷えも乾燥も手のしわの原因にもなります。

紫外線・冷え・乾燥を防ぐためにも、保湿等のケアだけでなく、手袋を使うこともおすすめします。

手袋は紫外線から手を守ってくれるだけでなく、乾燥や冷え対策にもなります。

暑い時期にはUVケア用の手袋をしっかりしていた人も、寒い時期には手袋をしないという人が結構多いです。

是非寒い時期にも手袋で手を守ってあげましょう。

このような地味な日々の手への気遣いの積み重ねが手を若々しく保ってくれます。

面倒くさがらず、お手入れをしたり、保護するようにしましょう!


 

手の老化は遅らせることが可能!

 
手のお手入れ方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

これまで手の甲にはあまり手をかけてこなかった人ほど、しっかりとお手入れをすると効果を実感しやすいと言われています。

諦めずに是非続けてみましょう。
 
 
 
 

-美容・ダイエット
-