暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

春のくらし

卒園式の先生へのプレゼントでアルバム以外のおすすめは?予算の相場はどれくらい?

幼稚園や保育園の卒園式の時に、子供たちそして保護者から担任の先生たちにプレゼントを贈る所が多いですよね。

でもどんなものを贈ればいいのだろう・・・と悩みませんか?

よくあるのはアルバムですが、アルバム以外ではどのようなオススメがあるのかをご紹介します。

また気になる予算や相場はどれくらいかも確認していきましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

卒園式に先生へ贈るプレゼントでアルバム以外のおすすめは?

 
保育園や幼稚園の卒園式に先生に贈るプレゼントで真っ先に浮かぶのはアルバムではないでしょうか。

でもアルバムにプラスして贈りたい・・・という方々も多いはず。

そこでアルバム以外のプレゼントのおススメ案をご紹介しますね。
 
 

「寄せ書き」

定番のプレゼントと言えば「寄せ書き」です。

親御さんからの寄せ書きとお子様の寄せ書きを組み合わせれば、先生もより喜ばれると思います。

折り紙や手書きのイラストなどは可愛らしく華やかにもなります。マスキングテープを使用するのも良いと思います。
 
 

「お花」

続いても定番プレゼントの「お花」です。

豪華な花束も素敵ではありますが、園児1人が1輪ずつお花を渡し感謝の気持ちを伝えるのもおススメです。また、そのまま飾ることができるアレンジメントや長く楽しめるブリザーブドフラワーも良いと思います。
 
 

「歌」

親御さんとお子様と歌う歌もおススメです。先生が教えてくださった歌をメドレーにすると、先生の思い出も蘇って感動間違いなしです。
 
 

「実用品」

卒園後も先生が日頃から使用できる実用品はあって困ることはありません。例えば、上履きやスリッパ・マグカップやボールペン・エプロンやTシャツ・ハンカチ・タオルなどが良いでしょう。

気をつけたいことは、保育園や幼稚園によって既定の物がある場合もあるので、その点は事前にリサーチすると良いでしょう。
 
 

「オリジナルグッズ」

先にご紹介した実用品でもオリジナルグッズにするだけで、より先生に喜んでもらうことができます。例えば、マグカップやエプロン・Tシャツには写真を印刷することができます。

今やインターネットで注文すれば素敵に作成してくださるので、世界に1つしかないプレゼントにおススメです。ハンカチやタオルなどには、先生のイニシャルやお名前を刺繍しても喜ばれると思いますよ。

また、お子様のイラストを使用した手作りのカレンダーもおススメです。次年度に使用しながら、卒園児のことをいつも思い返してもらうことができます。

同じように時計という案もあります。今話題になっているのが「しあわせの時計」というグッズです。

【しあわせの時計『基本サイズ・こげ茶木枠』「納期お約束コース」】【送料無料】※北...

写真やメッセージが入れられる オリジナルの時計で、写真の位置や背景の色・柄なども希望通り作成いただけるのです。

お子様の顔や先生の顔と「ありがとう」というメッセージを添えれば、とても素敵なプレゼントになると思いますよ。
 

スポンサーリンク

 

卒園式の先生へのプレゼントの予算・相場はどれくらい?

 
先生への贈り物をする場合、気になるのがプレゼントの予算や相場ですよね?

ブランド品などの高級品や身の丈に合わないものは卒園式のプレゼントとしては不向きとされています。

1人の先生にお渡しするプレゼントの相場は大体2,000円から高くても5,000円くらいとされています。1家庭の負担が100円から500円程度が良いでしょう。

勿論これは幼稚園や保育園にもよると思います。比較的裕福なご家庭の子供さんが多い場合には、予算額も多くなる可能性があります。

あと、気をつける必要があるのが保育園・幼稚園のルールです。
公立の幼稚園などでは贈り物を受け取ることが禁止されています。
それでも何かプレゼントを渡したいという場合は、購入品ではなく低予算で作成できる手作りのプレゼントがおススメです。

あとプレゼントに不向きなプレゼントをいくつかご紹介したいと思います。「大量の生もの」「消費期限が近い食べ物」「大きなもの」「重たいもの」「趣味が合わないもの」「置物」などです。

保育園・幼稚園の方針や先生の好みなど事前にリサーチできるとより喜んでもらえるプレゼントができると思いますよ。

スポンサーリンク

 

最後に

 
お世話になった先生達にお礼をしたい!という気持ち、良く分かります。

一番大事なのは金額ではなく子供達や保護者の方々の気持ちですので、それが伝わるプレゼントを贈りましょう。きっと先生たちも大喜びしてくれますよ♪
 
 
 

-春のくらし
-