暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

風邪の引き始めの喉の痛みの対処法!おすすめの食事はコンビニでも調達可能

あれ?風邪の引き始めかも・・という体のサイン、これって普段私たちが思っている以上にとても重要なんです。

これを見逃さず、しっかりと対処していくことで、その後の体調に大きく関係してくるのです。

よくある風邪の引き始めのサインは「喉の痛み」。これを悪化させないためにはどうすればいいのかをご紹介しますね。

また、体調を整える要となる「食事」についても、風邪の引き始めにおすすめの食べ物、近くのコンビニで調達できるおすすめの食事などをご紹介していきますね。
 
 

スポンサーリンク

 

風邪の引き始めの喉の痛みを治す方法は?

喉に痛みや違和感を感じたら「風邪の引き始めかも!」と警戒しますよね。

喉から風邪をひく・・・という方は、まずはこののどの痛みを何とかさせたいと思うのではないでしょうか。

そこで喉の痛みの対処法を確認していきましょう。
 

マスクの着用

マスクを着用することで、ほこりや冷気・アレルギー物質を吸いこむことを避け、口の中の乾燥を防ぐことができます。
 

こまめなうがい

うがいによって喉が洗浄され潤します。

うがいには、「粘液の分泌や血行を良くする働き」「病原体やほこりなどの異物を粘液と一緒に外に出す働き」があります。
 

喉を潤す・部屋を加湿する

喉の気道の粘膜が乾燥すると、病原体や異物を追い出す繊毛運動と呼ばれる働きが弱くなってしまいます。

その結果、風邪ウイルスに感染しやすくなってしまうので、水やお茶などの水分で積極的に喉を潤し、乾燥する部屋は加湿するようにしましょう。
 

飲食物に気をつける

お酒や辛いもの・熱過ぎる飲食物は喉から水分を奪い粘膜を傷つけてしまうので風邪の引き始めなどは避けましょう。
 

スポンサーリンク

 

風邪の引き始めに効く食事はどんなものがある?

風邪の引き始めには、細菌やウイルスと戦うための免疫物質の元となる肉類や魚類・大豆製品などの「たんぱく質」をはじめレバーや小松菜に含まれる「」、牡蠣や豚レバーに含まれる「亜鉛」、蛸やアーモンドに含まれる「」などのミネラルをしっかりと摂ることが大切です。

またウイルスの侵入を防ぐ役目がある鼻の粘膜の元となるレバーやモロヘイヤに含まれる「ビタミンA」や柑橘類に含まれる「ビタミンC」、かぼちゃやうなぎなどに含まれる「ビタミンE」などを積極的に摂取すると良いでしょう。
 
飲食物なら、「柚子茶」や「ポトフ」がおススメです。

柚子茶は柚子の果汁に果肉・皮・はちみつをお湯に溶かしたり、ゆずジャムをお湯で割っても美味しく飲むことができます。

ポトフは、鍋に水・人参・ブロッコリー・じゃがいもなどの野菜にウインナーを加えてコンソメと味を整えじっくり煮る料理です。

たっぷりの食材と栄養がたっぷり摂取できる料理です。
 
 

風邪の引き始めにコンビニで調達できる食事のおすすめは?

今や食材も豊富に揃うコンビニ。

是非風邪の引き始めにも活用したいところですよね。

風邪の引き始めは体を温める食材を食べることが重要です。

体を温める食べ物を食べることで、血液の流れを活発にして免疫力をアップさせ風邪の原因菌を退治するのです。

「大根のおでん」

コンビニのレジ近くに売られていて美味しそうな香りが漂うおでんは、風邪の引き始めに効果的な食材があります。

それが大根です。

大根にはビタミンC含まれており、風邪の予防だけでなくストレスを緩和する働きや美肌効果までも期待できる食材です。

たんぱく分解酵素のアミラーゼが多く含まれているので消化を助け、胃もたれなどにも働きかけてくれる他に便秘解消の食物繊維、むくみ予防の利尿作用もあるのでおススメです。
 

「チューブの生姜」

チューブの生姜を購入しておくと手軽に料理にプラスしながら体を温めることができます。
 

「野菜ジュース」

手軽にビタミンを補給するには野菜ジュースがおススメです。

ビタミンが入った栄養ドリンクも良いでしょう。
 
 
チューブの生姜と野菜ジュースは保存もできるので、買い置きしておくと意外と便利です。

調子が悪い時は近くのコンビニでも行きたくないものですので、こういった風邪の引き始めに便利な食材などを買い置きしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

最後に

 
体調はできるだけ崩したくないものです。

体調の崩し始め、風邪の引き始めの体調管理がその後の悪化にとても大きく関係していきますので、ちょっと体調が悪いかもというサインを見逃さず、しっかりと対処していきましょう!
 
 
 

-健康
-