暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

花粉症対策の食べ物はヨーグルト!いつ食べるのが効果的?量はどれくらい?

花粉症の時期が来る前になんとか対策をしたいという方の中には、食べ物ではヨーグルトがいい!と聞いたことがある人が多いと思います。

でもなぜヨーグルトがいいのか、その理由をしっかり知りたいですよね。

食べるとしたらいつ、どれくらいの量を食べたらいいのかなども一緒に確認していきましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

花粉症対策の食べ物にヨーグルトがいいと言われている理由とは?

目のかゆみや鼻水など花粉症の症状は、とても困りますよね?

そんな方に毎日できる花粉症対策として「ヨーグルト」の摂取がお勧めです。

そもそも花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉に反応し、目のかゆみや鼻水などのアレルギー症状を起こす病気のことで、「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。

近年、花粉症などのアレルギー症状に悩む人は増加傾向にあるとされており、その原因は衛生環境が改善し過ぎ、アレルギーへの免疫機能が低下してしまっているからと言われています。

つまり、アレルギーへの免疫機能を向上させることで花粉症などのアレルギー症状を軽減できるということなのです。
 
実は、ヒトの免疫機能の7割は腸に存在していると言われています。

そのため、腸内環境を整えることが免疫機能を向上させ、アレルギー症状を軽減させられることから、腸内環境を整える働きがある「ヨーグルト」が花粉症に対策に良いのです。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が低下してしまった腸内の免疫機能を正常に保つ働きをしてくれます。

ヨーグルトならどこでも購入でき、すぐに食べることができるので、花粉症対策としてすぐに始められるのも嬉しいですよね。
 

スポンサーリンク

 

花粉症対策のヨーグルトはいつ食べるのが効果的?

実は、花粉症の季節がやって来てからヨーグルトで花粉症対策をしていては遅いのです。

ヨーグルトによる花粉症対策は効果の出かたに個人差が大きく、早くて1ヶ月長い場合は半年くらいと考えられています。

そのため、花粉の飛散がはじまる数ヶ月前からヨーグルトを摂取することがお勧めなのです。

そして、食べるタイミングは朝食後がお勧めです。

それは、食後は胃酸の働きが弱くなるためです。

また、花粉症の症状が軽減されたからヨーグルトを食べる習慣を止めてしまうと、元に戻ってしまう可能性があるので、毎日食べることを習慣にしましょう。
 
しかし、気を付けなければいけないことはヨーグルトだったら何でも良いというわけではないということです。乳酸菌が生きたまま腸に届くことが大切です。

花粉症には、「L-55乳酸菌」「KW乳酸菌」「LG21乳酸菌」「1073 R-1乳酸菌」と呼ばれている乳酸菌が良いとされているので、ヨーグルトを購入する際に参考にしてみてください。

そして、白砂糖が多く含まれた加糖のヨーグルトは免疫機能を保つビタミンBが減少してしまうので、体質改善にはあまり向いていません。

花粉症対策には、無糖ヨーグルトを選ぶことがお勧めです。

どうしても甘みが欲しい時は、はちみつや果物をプラスすると良いでしょう。

ヨーグルトの乳酸菌効果は、風邪の予防や便秘の改善などにも効果があると言われているので、花粉症対策しながら体質改善もできるので一石二鳥なのです。
 
 

花粉症にいいと言われているヨーグルトの量はどれくらい?

花粉症対策としてヨーグルトを摂取する場合、目安として1日100g~200gの量を摂取すると良いでしょう。

ヨーグルトに含まれる菌の量は、菌の大きさやヨーグルトによって異なっているので、100g以上を目安に毎日続けて摂取してみましょう。

ただし、ヨーグルトを毎日摂取するようにしたから花粉症対策はバッチリというわけではありません。

日常生活の中で花粉症の症状を悪化させてしまう習慣もありますので、ヨーグルトの摂取と同時に以下のような生活習慣は改善するようにしましょう。

花粉症対策で生活習慣を改善しよう!

①睡眠不足

睡眠不足になると、免疫やホルモンのバランスが崩れやすくなり、花粉症の症状を悪化させる原因になってしまいます。
規則正しく良質な睡眠をとるようにしましょう。

②運動不足

運動不足は体力が低下し、免疫機能のバランスが崩れてしまう原因になります。
花粉が飛沫する時期、外での運動は難しいと思いますので、室内でストレッチをしたり早朝花粉が少ない時間帯にウォーキングをするなどしてみましょう。

③ストレス

ストレスは自律神経を乱し、免疫機能のバランスを崩すと言われています。
免疫機能のバランスが崩れると、これまで以上に花粉に反応してしまうことがあるので、ストレスが溜まる前に趣味や娯楽などでリフレッシュすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

 

最後に

 
現代病と言われている花粉症は、ストレス社会が生んだ病気とも言えます。

ストレスのない生活を送ることは難しいですが、できるだけ身体を労われるよう小さなことから努力してみましょう。

また、腸内環境を整える乳酸菌の摂取は毎日手軽に行うことができます。

即効性はありませんが、毎日の習慣にするのはとてもおすすめです!
 
 
 

-健康