暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

花粉症予防にはこの栄養素を摂りたい!おすすめサプリや食生活改善についてもご紹介

辛い花粉症の対策として、簡単にそれぞれが取り組めるものとしては食べ物の見直しが挙げられます。

花粉症対策として積極的に摂っていきたい栄養素は何なのか、それらはどう花粉症とかかわっていくのかを確認しましょう。

また、必要な栄養素を効率よく摂取するためにはサプリメントも有効です。

どんなサプリメントが花粉症にはおすすめなのかもご紹介しますので、是非ご覧くださいね。
 
 

スポンサーリンク

 

花粉症予防におすすめの栄養素をご紹介!

花粉症は現代病と言われるほど増加傾向にある病気の一つで、その要因は車の排気ガスなどによる「大気汚染」や食の欧米化などの「食生活の変化」、ダニやハウスダストの増加などの「住環境の変化」などが挙げられます。

これらの要因を見た時に私たちがまず見直せることと言えば、食生活の変化ではないでしょうか。

そこで、花粉症予防におすすめの栄養素である「ビタミンA」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビオチン」「ナリルチン」「亜鉛」の、それぞれの働きかけをご紹介したいと思います。
 

花粉症予防栄養素:ビタミンA

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一種で、粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあることから花粉症の症状を抑えることができる栄養素です。
 

花粉症予防栄養素:ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種で、免疫機能を正常化し、皮膚や粘膜の健康維持にも欠かせない栄養素なのです。
 

花粉症予防栄養素:ビタミンC

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で、アレルギー性の炎症を抑え、かゆみ予防に役立つ栄養素です。

また、強い抗酸化作用が皮膚や粘膜も丈夫にすることから、花粉から守るバリア機能も高まる栄養素なのです。
 

花粉症予防栄養素:ビオチン

ビオチンとはビタミンHのことで、水溶性ビタミンの一種です。

花粉症を予防する働きとして、アレルギー物質などの老廃物の排出を促す働きがあります。

また、皮膚や粘膜の健康維持に必要な栄養素なので花粉症の予防や改善に有効な栄養素なのです。
 

花粉症予防栄養素:ナリルチン

ナリルチンはフラボノイドの一種で、柑橘系全般に含まれている栄養素です。

ナリルチンは花粉症のためにあると言われてもおかしくないほど花粉症に対して有効性がある栄養素で、炎症を抑える「天然の抗ヒスタミン剤」とまで言われています。
 

花粉症予防栄養素:亜鉛

ミネラルの一種である亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きや免疫機能を正常に保つ働きがあることから花粉症に有効な栄養素だと言えます。
 

スポンサーリンク

 

花粉症対策サプリメントのおすすめは?

花粉症対策の一つとしてすぐにはじめられることの一つが「サプリメント」です。

おすすめのサプリメントとしては、花粉症予防におすすめの栄養素でもある「ビタミンA」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビオチン」「ナリルチン」「亜鉛」が配合されたサプリメントですが、中でもビタミンCは、熱に弱く水に溶けやすいため、食事からの摂取が難しい栄養素なのでサプリメントでの摂取がおすすめです。
 
そして、ビオチンは腸内細菌によって合成されるため通常は意識しなくても摂取できる栄養素なのですが、ストレスや腸内環境が悪化すると合成量が減少してしまうので、その場合はサプリメントでの補充がおすすめです。

ただし、日本製のビオチン含有のサプリメントは、ビオチンの含有量がとても少ないためビオチンだけをしっかりと補充したいと思う方は、外国産のサプリメントを通販で購入することがおすすめです。

さらに、天然の抗ヒスタミン剤とも言われているナリルチンは、花粉症に悩む方は1日40mg以上の摂取が理想とされ、重症の方の場合1日120mgもの摂取が理想と言われています。

しかし、どうしても柑橘類を食べるだけで必要量を摂取することが困難なので、サプリメントでの摂取がおすすめです。

ナリルチンは「じゃばら」と言われる柑橘に豊富に含まれておりじゃばら由来のサプリメントも販売されていますので、参考にしてみてくださいね。

北山村産のじゃばらサプリ。
 
 

花粉症のために食生活を改善しよう!

花粉症のためにサプリメントを摂取する方法も一つですが、サプリメントは食事で補えない栄養素を補助するものです。

サプリメントに頼り過ぎず、食生活自体も見直すことも大切です。

揚げ物や脂っこい食事に使用されているオメガ6系の油には、花粉症の症状を引き起こす原因物質である「アラキドン酸」を発生させる働きがあります。

使用する油を亜麻仁油やえごま油・チアシードオイルなどのオメガ3系の油を使用すると良いでしょう。

オメガ3は花粉症にも良いと言われていますので、積極的に摂りたい脂肪酸です。

オメガ3のサプリ(100円サンプル)
 
また、納豆やキムチ・味噌などの発酵食品、長いもやこんにゃく・海藻などの水溶性食物繊維、お野菜の食物繊維は、腸内環境を整える働きがあります。

花粉症は腸内環境の悪化によって生じる免疫機能の低下が原因でもあることから、腸内環境を整えることも花粉症予防に効果的な方法なのです。

その点で、腸内環境を整える働きがある「乳酸菌サプリメント」も花粉症予防に効果的なサプリメントと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

最後に

花粉症に良いと言われている栄養素はたくさんありますが、それらを食事で全て補おうとすると難しいものがあります。

最近はサプリメントも様々なものが出ていますので、それらを上手に生活に取り入れ、効率よく必要な栄養素を摂ることも一つのやり方です。

サプリメントに頼り過ぎず、食事からの摂取にこだわり過ぎず、上手に栄養素を取り入れていきましょう!
 
 
 

-健康
-