暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

冬のくらし

年賀状が喪中になる時の結婚報告の文例 夫の祖父の時も?

2016/11/13

illust2275_thumb
 
年末が近づいてくると、そろそろ年賀状のことを考えなければなりませんね。

今年結婚された方の中には、結婚報告と年賀状をかねて出そうと考えている方がいると思います。

けれども今年身内に不幸があった場合は喪中となり、年賀状を出すことができません。

このような状態の新婚さんはどのように結婚報告をしたらよいのかを確認してみましょう。
 
 

スポンサードリンク

  
 

年賀状が喪中で出せない場合の結婚報告はどうする?

 
近親者が亡くなった場合の喪に服している間を喪中と呼び、その間は年賀状を出さないしきたりになっています。

喪中の期間は両親であれば13か月・・等々古い決まりごとがありますが、現在は1年以内に近親者に不幸があった場合には、と考える方が多いです。
 
 
 
年賀状を出さないことを年賀欠礼といい、いわゆる喪中の葉書は正式には年賀欠礼状と呼ばれています。

この年賀欠礼状は相手が年賀状を書き始める前、遅くとも12月の初め頃までには届くように送らなければなりません。

年賀状で結婚報告をしようと考えていた場合、この年賀欠礼状に結婚したことを書き加えてはどうかと考える方がいるかもしれませんがこれはやめましょう。
 
 
 
よくある方法は寒中見舞いを兼ねて結婚の報告をするというやり方です。

年始の時期をずらせばよい、と言われていますが、実はこの方法には賛否両論あります。

寒中見舞いはあくまでも季節の挨拶なので、結婚報告を兼ねるのはおかしいという考え方の人が少なからずいます。

このようなしきたりや挨拶などは、地域や家庭によって考え方が様々であることを念頭に置き、注意深く行ってくださいね。

仲の良い友人たちにはそのようにうるさく言う人もいないと思うので、寒中見舞いという方法でよいと思います。
 

スポンサードリンク

 

喪中の場合の結婚報告の文例

 
寒中見舞いを兼ねて結婚報告の挨拶をする場合、どのような内容にすればよいのか確認してみましょう。

寒中見舞いは、冬の寒さが厳しい時期に相手を気遣って送る挨拶状です。

まずは相手の体調を気遣う一文を入れましょう。

その後、結婚の報告を付け加えます。その前に新年の挨拶ができなかったことを触れる人もいます。
 
 
 

≪例文①≫

寒中お見舞い申し上げます。
寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

私たちは○月○日に入籍し、新しい生活をスタートしています。
未熟な二人ですが今後もご指導のほどよろしくお願いします。

厳しい寒さが続きますがお体を大切にお過ごしください。

 
 

≪例文②≫

寒さ厳しき折いかがお過ごしでしょうか。
喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました。

私たちは○月に結婚しおかげさまで元気に暮らしております。
これからもお互い支え合っていきたいと思っております。

寒さもこれからが本番ですがどうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。

 
 
挨拶状になりますので、堅苦しい表現の例文となりましたが、自分の素直な気持ちを丁寧にしたためると相手にも伝わりやすいです。
 
 

夫の祖父の喪中時であれば年賀状は出せる?

 
例えば会ったことのない夫の祖父などが亡くなった場合は、自分が喪中であるという実感が全くわかないと思います。

その場合、夫が喪中で年賀状を出せないのは納得できるけれど、自分までそれに従わなければならないのか・・という気持ちが出てくるかもしれません。
 
 
喪中の範囲は一般的な考え方と、個々の考え方とがあり、一概に答えを導き出すことができません。

上記のような場合、身近な友達に出すのは構わないのではと考える方もいますし、結婚しているのだから夫が喪中とするのであればそれに倣うべきと考える方もいます。

もしどうしても出したいというのであれば、まずはご主人に相談するのがよいと思います。

同意を得られて出す場合にも、親しい友達くらいまでとし、親戚や仕事関係の人には出さないほうがいいでしょう。
 
 

まとめ

 
喪中の時の結婚報告をどうすれば良いかをまとめてみました。

いろいろな考え方があるので、絶対確実な正解はないのですが、夫婦間そしてお互いの両親とも相談してよい方法を選んでくださいね。
 
≪関連記事≫
喪中はがきに使う切手のマナー スタンプでもいい?官製はがきは失礼?
 
 
 

スポンサードリンク

-冬のくらし
-,