暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

日々のくらし

持ち寄りパーティーで喜ばれるものは何?冷めても美味しい人気レシピをご紹介!

 

 
みんなでいろんなものが食べられる持ち寄りパーティーはとても楽しいですよね!

でも行く前は「何を持っていこう・・・」とかなり悩んでしまいます。

というのも、持っていくうちに冷めてしまったり、運ぶのが大変でメニュー選びに困ったりするからです。

そこで冷めても美味しくいただける、持ち寄りで喜ばれるメニュー、持ち運びに便利な料理、人気のおすすめレシピなどをご紹介します!
 
 

スポンサーリンク

 

持ち寄りパーティーで喜ばれるものってどんなメニュー?

大人数で食べるお料理ってどうして美味しいんでしょうか?

持ち寄りパーティーもその一つで、みんなの好みや年齢を考えながら作られたお料理は美味しさも格別です。

そんな持ち寄りパーティーで喜ばれるメニューやポイントをご紹介したいと思います。
 
 
「取り分けやすい料理」

持ち寄りパーティーで気兼ねなく楽しい時間を過ごすためにはあらかじめ取り分けられた料理がおススメ。

定番のポテトフライや一口大のプチコロッケ・ピンチョスや餃子の皮を使ったピザ・一口おにぎり・ラップサンドなど一人一人が取りやすいお料理がおススメです。
 
 
「おしゃれに華やかなお料理」

持ち寄りパーティーで喜ばれるお料理と言えば、自分では作らないけど食べたい料理ではないでしょうか?

例えば、キッシュやケークサレ・ローストビーフやパウンドケーキなどを持ち寄ると彩りもきれいで喜ばれますよ。
 
 
「持ち寄る量は控えめに」

持ち寄りパーティーで迷うのが作る量ですよね?

つい人数分を作ろうとしてしまいますが、実際は人数の半分~1/3程度の控えめで十分なのです。

大人数のパーティーはそれだけ品数も多くなり、他の方も沢山持って来られるので、実は「ちょっと少ないかな?」くらいが食べきれる量なのです。
 
 
「瓶詰めで液漏れ防止」

おしゃれな持ち寄りメニューの一つが「自家製ピクルス」や「オイル煮」。

しかし、移動時に液体が漏れてしまっては台無しです。

それを防ぐのが「瓶」です。

しっかり蓋がしまる瓶は液漏れを防止できます。

その時、可愛くおしゃれな瓶を選ぶとセンスもアップし、そのまま食卓へ並べることもできますよ。 
 
 
「迎える側は温かいメニューを」

持ち寄りパーティーの分担を決める際、お家に迎える側の方温かいメニューを担当すると良いでしょう。

お料理を持って来られる方は、基本冷たいものか常温のものを持って来られます。
 

スポンサーリンク

 

持ち寄りパーティーの冷めても美味しい料理って何?どんなものがおすすめ?

 
お料理が冷めると美味しくなくなるのは、冷たいという温度では無く、パサパサしたりモソモソする食感に問題があるのです。

その原因は食材がもっている「水分が飛んでしまう」ことなので、調理過程で「水分を逃げにくくする」というひと手間が重要。

そのひと手間が持ち寄りパーティーでも冷めても美味しいお料理を食べることができるんです。

そこで、おススメなのが片栗粉を使ったお料理です。

片栗粉には水分を逃がさないという役割があるので、冷めても食感を損なわず美味しさを保つ働きがあります。

例えば持ち寄りパーティなどでも定番の「から揚げ」「照り焼きチキン」

から揚げの衣を片栗粉にして揚げたり、照り焼きチキンを焼く前に片栗粉をまぶすことで、鶏肉の水分を逃さず冷めても美味しい料理ができあがります。

また、片栗粉は水で溶いて使用しても同様の効果があります。

持ち寄りパーティーでの定番メニュー「卵料理」も卵3個~4個に対して大さじ1杯の水溶き片栗粉を入れるだけで、フワフワとした食感の良い卵料理が仕上がりますよ。

パーティーの前日にお料理を仕込んでおくことがおススメな料理が煮物料理です。

煮物料理は、出来立てよりも冷めるときに味が染み込んでいくので2日目の方が美味しいですよ。

和食の持ち寄りパーティーなら「筑前煮」「きんぴらごぼう」「ひじきの煮物」などがおススメ。

洋食の持ち寄りパーティーなら「テリーヌ」「ローストビーフ」「チャーシュー」「ミートローフ」「キッシュ」などがおススメですよ。
 
 

持ち寄りパーティーの人気レシピをご紹介します

気の合う仲間との会話も弾む持ち寄りパーティーを盛り上げてくれるのがお料理です。

そこで、持ち寄りパーティーの人気レシピをご紹介したいと思います。
 
 
「トマトゼリー」

見た目も赤く華やかで、おしゃれなカップで作ると可愛らしさもアップ。

ぷるんとした食感は、子供から大人まで楽しめる前菜間違いなしです。
 
 
「ジャーサラダ」

重なり合ったお野菜は見た目もきれいですが、何よりも移動に便利。

ドレッシングもしっかり馴染ませることですぐに食べられるのもおススメのポイントです。

作る際はお豆などの固いものから詰めていくようにしましょう。
 
 
「クラッカー料理」

ディップしながら手軽に食べられるクラッカー料理はおかず系からデザート系までアレンジ自在の定番メニュー。

アボカドディップやクリームチーズなど、セルフでお好みに仕上げられるのも楽しみの一つで盛り上がるメニューです。
 
 
「スパイシーチキン」
お酒のおつまみとしても最適なスパイシーチキンは、おろしショウガやおろしにんにくをたっぷり効かせることで美味しく仕上がりますよ。

前日からタレに漬けこむことで味が染みた美味しいスパイシーチキンに仕上がります。
 
 
「手羽餃子」

骨抜きをした手羽先にお肉と薬味を詰めて焼いた手羽餃子はパーティーで喜ばれるメニューの一つです。

お好みのタレで食べられるようにするとパーティーもより盛り上がりますね。
 
 
「巻きずし」

持ち寄りパーティーのメインに巻きずしはいかがでしょうか?

具材をアレンジすることで、サラダ系や揚げもの系までアレンジできますよ。

またご飯にカレー粉をまぶしたり混ぜご飯にするとカットした時にきれいで華やかになります。
 
 
「プチドーナツ」

デザートを持ち寄る際は、食べやすいプチドーナツがおススメ。

シンプルなプレーンドーナツを持って行き、チョコフォンデュをみんなでしても盛り上がりそうですね。

色々な種類のチョコレートやカラースプレーなどのトッピングも選べると気分もとっても楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

 

最後に

 
持ち寄りで困るのは、冷めてしまったり、持ち運びに困ったりすることですよね。

そこでオススメの料理をいくつかご紹介しました。

それも冷めても美味しくいただけるものばかりです!

是非次の持ち寄りパーティーの時の参考にしてくださいね♪
 
 
 

-日々のくらし