暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

甘いものがやめられない原因は砂糖依存症かも!克服するにはどうしたらいい?

 

 
やめたほうがいいとわかっていてもやめられない甘いもの。

頭でわかっていてもやめられないというのはもはや中毒のようなもの。

もしかしたらすでに砂糖依存症になっているのかもしれません。

砂糖依存症というのはどのようなものなのか、克服するためにはどうしたらいいのか、克服にはどれくらいの期間が必要なのかを確認していきましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

甘いものがやめられない原因は砂糖依存症かも!

 
疲れている時や気分を変えたい時に食べたくなる甘いもの。

自分へのご褒美と言いながらついつい止まらない時もありますよね。

しかし、そんな甘いものが止まらない症状、もしかすると砂糖依存症かもしれません。
 
お菓子やケーキなどの甘いものを自分の意志でやめることができなくなってしまう状態のことを砂糖依存症といいます。

情緒不安定になったり怒りやすくなったりと精神的な症状が出ることや、冷えや体のだるさ・肥満・お肌にシミやしわを増やす糖化など体への症状が現れてしまいます。

私たちの脳は、砂糖などの甘いものを摂取すると、「ドーパミン」「セロトニン」「ノルアドレナリン」などの「幸せホルモン」と呼ばれる物質が分泌され、強い幸福感や快感を覚える仕組みになっています。

そのため、疲れた時や気分転換・ストレス解消などとして甘いものを食べる機会が多くなるのです。

しかし、それを繰り返してしまうことが砂糖依存症の原因であり、「気分を切り替えるには甘いものが一番」と脳が覚えてしまい、ついつい甘いものを摂取してしまうサイクルができあがってしまうのです。

さらに、甘いものを摂取し続けていると、体が甘さに慣れてしまい次第に物足りなくなってしまいます。

そしてより強い幸福感や快感を求めてしまうことで、甘いものを自分の意思でやめることができなくなっていくのです。

みなさん、思い当たる節はありませんか?

もちろん、甘いもの糖分はエネルギーになるので、体にとって必要なものですが、過剰な摂取は心身ともに悪影響を及ぼしてしまうので、過剰に甘いものを摂取することは控えるべきだと言えます。
 

スポンサーリンク

 

砂糖依存症の克服方法は?

 
砂糖依存症に陥った場合そのように克服したらよいのでしょうか?

砂糖依存症を克服するには摂取する砂糖の量を減らしていくことが何よりも重要です。

甘いものが欲しくなったら果物を食べる

果物には「果糖」と呼ばれる糖分が含まれてはいますが、ビタミンやミネラルも含まれており、砂糖よりも血糖値の上がり方がゆるやかなのでおススメです。

ただし、果糖も摂取し過ぎると肥満や糖化の原因となるので注意は必要です。
 

甘いものが欲しくなったら気分を変える

食後などに甘いものが欲しくなった時は、うがいや歯磨きをして一度口の中をリセットしましょう。

それでも我慢できない時は、ガムや昆布などの噛みごたえがあるお菓子を食べて気分を変えましょう。
 

お菓子は買わずに手作りをする

お菓子を手作りすると使用する砂糖の量が目で分かり、どれだけ多くの砂糖を摂取していたのかと自覚することができます。

また、手作りすることで甘さを調節できるので、少ない砂糖の量でもお菓子を作る工夫ができます。
 

ビタミンやミネラルを豊富に含む食事を心がける

玄米や豚肉・野菜などビタミンB群やミネラルが豊富に含まれる食事をすることで、甘いものの過剰摂取で不足した栄養素を補給し、脳が砂糖を求める悪循環を防ぐことができます。
 

趣味を作る

何かこれまでと異なる趣味やスポーツに時間を費やすことで甘いもののことを考えない時間を作ることも良い方法です。

暇な時間やダラダラした時間はつい甘いものやお菓子を食べてしまう時間になりがちなのです。
 

ストレス発散法を見つける

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう場合、他のストレス発散法を見つけることも良い方法です。

適度な運動や映画鑑賞などこれまでと違う発散方法を模索してみてはいかがでしょうか?
 
 

砂糖依存症を克服するにはどれくらいの期間が必要?

 
実は、砂糖依存症を克服するには数ヶ月の期間が必要なことが多いです。

それまで、どれほど砂糖に依存していたかの個人差によっても克服できる期間は異なりますが、生活習慣を変えることになる上、考え方や体質を改善する必要があるので、克服された多くの方が5ヶ月~8ヶ月を要しています。

さらに、砂糖依存症を克服しようと砂糖を控え始めると禁断症状や離脱症状として「イライラ」「頭痛」「空腹感」「体のだるさ」「低体温」などの症状が現れることがあります。

とても辛い時期ですが、ここを乗り切ることが砂糖依存症を克服する鍵です。

数日で治まることが多いので、ご家族や周囲の方にも協力してもらいながら克服するようにしましょう。
 
 
砂糖依存症を克服するプログラムとしては以下のものがあります。
 

砂糖の量を減らす

まずは、間食などで甘いものが習慣になっている人は、果物やドライフルーツ・寒天ゼリーなど代わりになるものを摂取しましょう。

最初の3日ほどはこれまでのように甘いものが欲しくなる時期ですが、そこが踏ん張りどきです。

そこで諦めてしまうと砂糖依存症から抜け出すことができなくなってしまいます。
 

砂糖を含む食品は一切摂取しない

最初の厳しい①を乗り越えられた頃には、砂糖を欲する気持ちが減ってきています。

次はお菓子だけでなく食事での砂糖の摂取を控えます。

この時期に、甘味に対する味覚をリセットすることができるので、砂糖を欲する禁断症状もなくなってきていることが実感できます。

この時期は自炊を心がけ、周囲に砂糖は摂取しないことを宣言することが成功のカギです。
 

天然の甘味で確認する

②を乗り越えられると砂糖に対する欲はほとんどなくなっています。

味覚がリセットされたことで、間食する必要もなくなっていく頃なのです。

ここで果物などの天然の甘みを摂取すると以前と異なり十分な甘さを感じることができるでしょう。

そうなれば砂糖依存症を克服できたと言えることが多いのですが、最後にコンビニエンスストアやケーキ屋さんに行ってみて、甘いものが欲しくなれば砂糖依存症を克服できたと断ちできたと考えて良いでしょう。

上手くいかない時は①~③を繰り返して砂糖依存症を克服し、心身ともに健康な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

 

最後に

 
私自身も甘いものが大好きなので、やめたくてもなかなかやめられないという方の気持ちがよくわかります。

けれどもそれと同時に甘いものはカラダに悪いということもわかっています。

ほぼ中毒になっている程、甘いものが好きな人にとって甘いものをやめるのは本当に大変です。

けれども長期的に体のことを考えたら量を減らすことが大事ですので、苦しいですが一緒に頑張っていきましょう!!!
 
 
 

-健康