暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

インフルエンザ予防接種の時期は受験生必見!効果はどのくらい?家族も必要?

2016/11/20

illust1369_thumb
 
 
インフルエンザが流行る時期が近付いてきましたね。

今年受験を受けられるお子さんをお持ちのお父さんお母さん方は、今年は特に敏感になっていることと思います。

子供さんがこれまでの努力を発揮できるよう、万全の体調で試験を受けてもらいたいですよね。

そこで今回は受験生のインフルエンザのワクチン接種の時期などについて確認したいと思います。
 
 

スポンサードリンク
  
 

インフルエンザ予防接種の時期は受験生はいつ?

 

インフルエンザとは

 
インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性の感染症です。

発症後症状が緩やかに出る風邪と違い、インフルエンザは高熱を伴い突然発症します。

また、全身症状が強く出るため回復にも時間を要します。
 
 

インフルエンザの流行時期

 
毎年11月から12月頃にかけて流行が始まり、ピークは1月から3月頃です。

丁度受験シーズンの頃に流行のピークが来ることになります。
 
 

インフルエンザの予防

 
インフルエンザを予防するためには、予防接種つまりインフルエンザワクチンを接種し、体内にインフルエンザウイルスに対する免疫をつけるのが一般的ですよね。

でも、ワクチンを接種をしてもすぐに抗体ができるわけではありません。(この場合の抗体とはインフルエンザウイルスを異物と認識し体内から排除しようと戦ってくれる物質のことです。その物質を作るためにワクチンを注射するのです。)

抗体ができるのには大体1週間から3週間ほどかかると言われています。

また、作られた抗体は3か月から4か月後には徐々に減少し威力がなくなっていきます

つまり、あまり早く予防接種をすると一番効いてほしい時に効果が低下してしまいますし、流行しだしてから摂取すると抗体ができる前に感染する可能性があります。
 
 

インフルエンザの予防接種の回数

 
以前はインフルエンザの予防接種は2回接種が多かったのですが、最近では1回の摂取でもいいと言われ、1回接種が増えてきました。

しかしやはり2回接種の方を薦めたいという考えのドクターも多数います。

受験は人生を大きく左右するものですので、インフルエンザには絶対かかりたくないと皆さん思われます。

そこで受験生は2回接種の方がよいという意見が多いです。

しかし、副作用がゼロではありませんので1回で十分とかかりつけ医に言われる可能性もあります。
 
 

受験生のインフルエンザ予防接種のおすすめ時期

 
2回接種の場合、1回目と2回目の間を大体3週間から4週間あける必要があります。

丁度試験の時にしっかりと抗体が出来ているよう、1回目を11月中旬頃、2回目を12月の初旬から中旬にかけて、が受験生にお勧めされる接種時期のようですね。
 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ予防接種の効果はどのくらい効くの?

 
インフルエンザワクチンの効果ですが、前項でも少し触れましたが、ワクチン接種後、抗体が出来るのに1週間から3週間、その後3か月から4か月くらいには減少してしまいます。

つまり、接種後2週間頃から4か月後くらいまで が効果のある時期となります。

しかし、インフルエンザワクチンを接種したら絶対にインフルエンザにかからないか、といえばそうではありません。

接種したワクチンとは違う種類のインフルエンザが流行した場合には、かかる可能性もあります。

また、ストレスなどで体の免疫力が低下した場合などは、様々なウイルスや細菌に感染しやすくなります

予防接種をしたから大丈夫と過信せず、しっかり体調管理をすることが重要です。
 
 

インフルエンザの予防接種は受験生の家族も必要?

 
受験生本人だけがインフルエンザ対策をしていても、同居している家族が感染すると本人に感染する確率がぐんと高くなります。

そこで受験生をかかえているご家族は、家族全員が予防接種を受けた方がよいと言われています。

予防接種を受ける場合、多くの医療機関は予約が必要となります。
時期によってはワクチンが不足して、希望した時にできない場合もあるかもしれません。

後々後悔しないよう、早め早めに行動するのがよいと思います。
 
 

まとめ

 
インフルエンザに罹ったことがあれば、かなり大きなダメージを受ける病気だということが分かると思います。

受験生がよい状態で試験を受けられるよう、本人はもちろん家族全体でインフルエンザ対策を考えてくださいね。

試験の時期はそれぞれ違うと思いますので、そこから逆算して丁度よいタイミングに予防接種を受けられるよう予約をしましょう。
 
 
 

スポンサードリンク

-健康
-,