暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

冬のくらし

新幹線の年末年始の予約開始(JR東日本)はいつから?変更可能?

2016/12/03

b55068fd4200dc6a0fd820d1f2a11c0a_s_1
 
年末年始は新幹線が一番混む時期です。

帰省の日にちが分散されてきたとはいえ、やはり混雑のピークは毎年大体同じですよね。

指定席は自由席よりも少々高くつきますが、やはり「座って移動したいから指定を取りたい」という人が殆どだと思います。

確実に指定席を取るために、JR東日本エリアの新幹線の年末年始の予約開始はいつからか、変更ができるかどうかなどを確認していきましょう!
 
 

スポンサードリンク

 

新幹線の年末年始の予約開始はいつから?

 
新幹線の予約開始日は、お盆や年末年始などの混雑する時期も普段と変わりありません。

乗車日の1か月前の午前10時から予約可能となります。

1ケ月前とは前月の同日のことです。

前月に同日がない場合には、その月の1日が発売日となります。

年末年始の指定席発売開始日

12月29日の指定席は11月29日から発売

12月30日の指定席は11月30日から発売

12月31日の指定席は12月1日から発売

1月1日の指定席は12月1日から発売

1月2日の指定席は12月2日から発売

1月3日の指定席は12月3日から発売

 
新幹線によく乗る人にとっては当たり前のことかもしれませんが、滅多に乗らない場合はなかなか覚えられないですよね。

私もついつい毎年調べています・・・。
 
 

新幹線チケットの予約とは購入のこと

 
新幹線の予約とは、指定席特急券を購入するということになります

ホテルや旅館の予約のように、予約を入れておいて当日代金を払ったり、時には数日前にキャンセルしたり・・・というシステムとはちょっと違うので注意が必要です。

新幹線に乗る時は、乗車券と特急券が必要ですよね。

2枚渡されることもありますし、1枚に「乗車券と特急券」と記載されていることもあります。

この乗車券はいわゆる運賃分、特急券は特急料金分となります。

新幹線の特急券は自由席特急券指定席特急券があり、予約つまり指定をとる場合には、この指定席特急券を購入するということになります

勿論、乗る時には乗車券も必要です。

指定特急券は乗車券と一緒に買うことが殆どで、窓口で買う場合には乗車券を持っているかいないかを聞かれますが、もし後日購入したい場合には、窓口で理由を説明してください。
 

スポンサードリンク

 

年末年始の新幹線予約方法―JR東日本の場合

 
新幹線の予約方法は皆さん様々だと思います。

・JRの駅の窓口(みどりの窓口)での購入
・券売機での購入(指定席も券売機で購入できますよ)
・旅行代理店などでの購入
・インターネットでの購入
・モバイルSuicaでの購入

 
私はいつもインターネットを利用しています。

JR東日本の場合は「えきねっと」というサイトで購入できます。

指定席の申し込みも、乗車券のみの購入もできます。
 
 

えきねっと利用時の大きなメリットは?

 
指定席をえきネットでパソコンやスマートフォンから購入する場合、発売開始日のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分から事前受付をすることができます。
 

例:12月1日(木)から発売の場合、11月24日(木)の午前5時30分から事前受付開始

 
ただこれはあくまでも「申し込み」だけです。

発売は窓口と同じく、乗車の1ヶ月前の午前10時スタートなので、事前申し込みの人数が多く、窓口にも沢山の人が並んだ場合、申し込んでいても買えなかったということもあり得ます。

(でも今までの経験上、事前受付開始後すぐに申し込めば大体購入できます。開始直後はアクセスが集中し繋がりにくいですが、しばらくすると繋がります。)
 
 
もうひとつのメリットは座席指定ができることです。

下記列車ではシートマップを利用して座席指定をすることができます。

・JR東日本の新幹線
・JR北海道の新幹線
・北陸新幹線
・みずほ
・さくら
・つばめ
・JR東日本・JR北海道・JR西日本・JR四国・JR九州の主な特急列車

詳細はえきねっとのHPをご覧ください ⇒ こちら

 
ただ、混み合う時期に選択の幅を狭めると、予約が成立しない可能性がありますので、例えば通路側希望とか、車両の真ん中希望とか、そのような大雑把な希望にした方が予約がとれやすいです。
 
 

えきねっとで予約可能な列車は?

 
えきねっとで申し込み可能な列車は、ほぼ全国のJR新幹線・在来線特急・観光列車です。

詳細はこちら ⇒ 申し込み可能な列車

ただ、注意しなければならない点がひとつ!これがとても重要です。
 
えきねっとで申し込んだ切符は、列車乗車前にJR東日本の駅もしくは以下の駅での受取りが必要となります。
 

・北海道新幹線を含むJR北海道青森・函館エリアの一部駅
・北陸新幹線を含むJR西日本北陸エリアの一部駅

これらの駅でも受け取りが可能です。

ただし、JR北海道青森・函館エリアの一部駅、JR西日本エリア北陸エリアの一部駅では受け取ることのできないエリアの切符もありますので注意が必要です。

えきねっとHPの図解が分かりやすいのでご覧ください ⇒ こちら
 

例えば、東京在住の方がえきねっとを利用し、東京―大阪間の往復の切符を購入した場合、帰りの分のチケットもJR東日本エリアの駅で受け取っておく必要があります。

大阪のJRのみどりの窓口に行っても受け取ることは出来ません。

 
 

新幹線の予約は変更できる?

 
一旦購入した新幹線の指定席特急券は、使用前であれば1回に限り無料(手数料なし)で変更が可能です

2回目以降は、払い戻しをし再度購入という形になります。

払い戻しの料金(手数料)は、列車出発日の2日前までは330円、出発日の前日から出発時刻までは購入金額の30%(最低330円)となります。
 
 

えきねっとで事前受付後に変更したい場合

 
えきねっとで事前受付後、変更を希望する場合には、一旦申し込みを取消し、新規に事前受付を申込みます。

事前受付済みの指定券の取消は、発売日(乗車日1か月前)の午前9:54までです。

この取消には手数料はかかりません。

ただし、この時間を過ぎると取り消しは出来ませんので、一旦駅で発券し、それから窓口で変更してください。
 
 

まとめ

 
年末年始の新幹線の指定席の押さえ方についてまとめてみました。

年末年始を故郷で過ごしたい方にとって、帰省ラッシュは本当にストレスですよね。

少しでも快適に移動できるよう、新幹線は指定を取って疲れないようにするのがおすすめです。

年末年始の新幹線では立っている人も多いので、トイレに行くのも大変です。(経験済み・・)

なるべくトイレに行かなくて済むよう、飲みすぎたり食べ過ぎたりしないようにしましょう♪
 
 
≪関連記事≫
年末年始に新幹線の自由席に座るためのコツ!何号車が空いてるの?
 
 
 

スポンサードリンク

-冬のくらし
-,