暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

大掃除

大掃除の順番はこの部屋から!1日で終わらせる為の年末のポイントはこれ!

2016/11/17

illust3448thumb
 
 
年末が近付いてくると忙しくても大掃除のことが気になってきますよね。

時間はないけど、やはりきれいな状態で新年を迎えたいと誰でも思うと思います。

でも共稼ぎの家庭では現実には時間が足りないところが殆ど。

そして普段から時間がないからと掃除を手抜きしている場合、汚れもたまり時間が結構かかるのでは・・・とますます億劫になります。

今回はそんな時間のない方のために、1日で終わらせる大掃除についてご紹介します!
 
 

スポンサーリンク

 

大掃除の順番はどの部屋から?

 
掃除の鉄則は「上からやる」「奥からやる」です。

埃は奥にたまりやすく、そして上から下に落ちていきます。

そこで掃除も埃の動きに合わせてやると効率よくすることができます。

2階建ての家であれば2階の奥の部屋⇒階段⇒1階の奥の部屋から玄関にむけてやります

まずは天井や天井についている電気、家具類の埃を落とします。

今は触れるだけで埃をからめとる掃除道具がありますので、それを使うと便利です。

家じゅうの床より上の埃を絡め捕ったら、再び奥の方から床を掃除していきます。

埃をしっかり取りたい場合には、掃除機を2回かける、もしくは掃除機の後に埃を吸着するモップをかけると綺麗になります。

水回りを先にやる人も多いですが、私は途中にやる派です。

特に台所は一旦やり始めるとあれもこれも・・・となってしまい他の部屋に手が回らなくなります。

そこで台所は絶対にやらなければならない場所をまずやり、余力と時間があれば残りを頑張る、とした方がうまくいきます。

ベランダや玄関は埃をはたいたりする場合もありますので、一番最後にやります。
 

スポンサーリンク

 

大掃除を1日で終わらせるためにはどうする?

 
以前、年末ぎりぎりまで働いていた時に私自身がやっていた、年末の1日大掃除のやり方をご紹介します。

①全ての全体の天井・壁・電気・家具・カーテンレール・窓枠等々の埃を絡めとる。順番は2階の奥の部屋から始め、ゴールは玄関。
②同じ順番で掃除機をかける
③窓ふき・網戸とサッシ枠の掃除
④休憩
⑤台所の油がギトギトの所(レンジや換気扇など)に洗剤をスプレーしなじませておく
⑥トイレの便器内に洗剤をなじませておく
⑦お風呂場にカビキラーをスプレーする
⑧台所のレンジまたは換気扇どちらかを掃除する
⑨トイレ掃除
⑩洗面所・お風呂場掃除
⑪台所のレンジまたは換気扇の掃除をする
⑫休憩
⑬床や棚の拭き掃除
⑭ベランダと玄関の掃除

大体こんな感じでやると夕方近くになります。細かなところまではやれませんが、気になるところ・目に付くところは一応は掃除できたことになります。

本来であれば押し入れや洋服ダンス、食器棚等から全て物を出して拭き掃除をするのがベストですが、1日しか大掃除に時間を割けない場合は無理です。

もしこれらもやりたい、という場合には、毎日1か所など場所を決めて少しずつやっていくようにしましょう。

もし家族が手伝ってくれるのであれば、押し入れから物を出して、掃除機をかけて拭き掃除ができると思います。

1日集中して掃除をするのは結構大変です。

体力気力も使いますので、お掃除道具をケチらずに使うととても楽になります。

市販されている使い捨てのモップや、トイレ用の掃除シートなどを使い、洗う手間を省くだけでもかなり楽です。

業者に頼んだと思えばもっとお金がかかりますので、掃除道具はちょっと奮発しましょう!
 
 

年末の大掃除のポイントはこれ!

 
やはり窓を綺麗にすると気持ちがよく、もっと他も綺麗にしようとやる気が出てきますので、是非窓は綺麗にしてください。

それと水回り。良く使うゆえに汚れがたまりやすいのが台所・トイレ・洗面所・お風呂場といった水回りです。

よく水回りを綺麗にすると運気が上がるとか健康運にもよいとか言いますよね。

水回りも綺麗になるとすがすがしい気持ちになれます。

そして1番のポイントは完璧を目指さないことです。

大掃除の時に全てちゃんとやろうとするのは難しいです。

もし完璧を目指したいのであれば、数週間かけて計画的にやりましょう。

まだあそこも残っている、全部やれなかった・・・という気持ちを残して新年を迎えるよりも、今やれることはやった!と思う方が精神的にいいと思います。
 
 

まとめ

 
年末まで忙しい方にむけて、1日で終わらせる大掃除の順番を中心にご紹介しました。

本当は普段からちゃんと掃除をしていれば、年末にあわてなくても済むのですが、わかっていてもなかなか難しいですよね・・・。

新しい年は年末にあわてなくても済むよう、お互い日々の掃除そして整理整頓をがんばりましょう!
 
 
 

-大掃除
-