暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

正月

お正月の終わりって結局いつなの?二十日正月の意味と食べ物について

8838ba25e2cf815c429bfbb98771f28e_s
 
正月三が日を過ぎると、お正月気分も薄れ、仕事が始まると既にお正月は終わったかのように感じます。

鏡開きやどんど焼きのニュースを見て「え?お正月ってまだ続いてたんだ!」と気付かされませんか?

実際のところ、お正月の終わりっていつなのかを知っている人って少ないようです。

また、お正月の終わりころに出てくる言葉「二十日正月」についても、意味を知っている人はあまりいません。

そこで今回は、お正月の終わりはいつなのか、二十日正月の意味と、二十日正月に食べる物について確認しましょう!
 
 

スポンサーリンク

 

正月の終わりって結局いつなの?

 
子供の頃は学校が始まっても、鏡開きをしたり、どんど焼きでしめ飾りを燃やしに行ったりして、1月の半ば頃までお正月は続いてるように感じていました。

けれども働きだしてからは、正月三ヶ日が終わって仕事始めで出勤する頃には既にお正月気分はなくなってしまうようになりました。

そしてテレビで鏡開きやどんど焼きなどのニュースを見て、「あぁ、まだお正月の行事が続いている時期だったんだ」と気付かされています。
 
 
 
私が住んでいる地域では、どんど焼きを1月15日に行っているので、この日がお正月最後の日と思っていました。

でも最近「二十日正月」という言葉を耳にし、「1月20日もまだお正月?」と驚きました。

そしてお正月っていつまでのことを言うんだろう・・と疑問を持ったのです。
 
 

お正月の期間はいつまで?

 
正月とは元来「1月」のことを指す言葉でした。

しかし現在では、正月三が日や松の内など、正月飾りをして正月行事を行う期間を意味して使われています。

というわけで、現代のお正月の終わりは、松の内の終わりを指すことが殆どです。
 
 

松の内の期間はいつまで?

 
松の内がいつまでなのかは地域によって違いがあります。

関東方面では1月7日までとするところが多く、関西圏では1月15日までとするところが多いです。

ただ、関東方面でも鏡開きは1月11日、正月飾りを燃やすどんど焼きは1月15日に行われるところが多いので、1月15日頃までをお正月と捉えている人が全国的に多いです。
 

スポンサーリンク

 

二十日正月の意味は?

 
お正月の期間は理解できたと思いますが、それでは二十日正月というのは一体何なのでしょう?

1月20日はお正月の祝納めの日とされ、二十日正月と呼ばれています。

お正月にいらした神様がお帰りになるといことから、正月飾りも全て片付け、以前はこの日に鏡開きをしていました。

でも現在は1月11日に鏡開きをする所が殆どですよね。

これには歴史的な事情があります。

三代将軍徳川家光が亡くなったのが4月20日だったため、1月20日は忌日として避けることになり、1月11日に鏡開きをするようになったのです。

この新しい日にちは江戸周辺には周知されましたが、地域によっては昔から続く日付で行事を行っているところもあります。
 
 

二十日正月に食べる食べ物って何?

 
お正月の締めくくりとされる二十日正月には、お正月関連のものを全て片付け、お正月のために準備された食べ物も全て食べつくすという風習がありました。

現在でもその風習が残り、1月20日に特別な行事食を食べる地域があります。

関西地域ではお正月に鰤(ブリ)を食べる所が多く、残った骨や頭をこの日に食べつくすということから、二十日正月のことを別名「骨正月」「頭正月」と呼ぶところもあります。

そのような地域では骨正月・頭正月には、鰤の骨や頭を大根・牛蒡・大豆や昆布などと一緒に煮て食べます。

また、麦ご飯にとろろをかけて食べる地域、小豆粥を食べる地域などもあります。

小正月に食べる小豆粥の作り方 炊飯器ではどうする?食べる意味は何?
 
 

まとめ

 
地域によって違いのあるお正月の終わりの日について確認してみました。

古来から続く風習を守り続けている地域、江戸時代に変えられた新しい日程に従った地域といろいろあります。

多くの人があまり深く考えず地域の風習に従っていると思いますが、どういう意味があるのかを確認するのも興味深いですよね。

日本には古くから伝わる風習が数多く残っていますので、また知りたい情報が出てきましたらご紹介しますね!
 
 
 

-正月
-