暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

健康

朝起きられないのは起立性調節障害かも!症状と早く治す方法をご紹介

「何度起こしても起きてくれない!」とゲンナリしている中学生のお父さんお母さんは多いですよね。

朝起きられない中学生が増えていますが、もしかしたらその原因は「起立性調節障害」かもしれません。

でも起立性調節障害と言われても、聞き慣れない言葉で何がなんだか分かりませんよね。

そこで、起立性調節障害とはどういう症状が出るのか、早く治す方法にはどんなものがあるのかをご紹介しましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

朝起きられないのは起立性調節障害のせいかも!

 
今、朝起きられない思春期の子どもが増えてきていることをご存知でしょうか?

その原因として急増しているのが「起立性調節障害」という障害です。

実は、日本小児心身医学会の発表で、現代の小学生の約5%・中学生の約10%が起立性調節障害を抱えていると言われています。

しかし、病院で診断をされていない子どもはもっと多いと考えると起立性調節障害で苦しんでいる子どもはもっと大勢いるということです。

放っておくと不登校にもつながることから、現代の社会的問題になりはじめています。
 
お子さんが朝になっても起きない様子を見ていると親御さんとしては、「だらしがない。」「サボり癖のせいだ。」と思われること緒が多いと思います。

しかし、起立性調節障害になると、お子さん本人に起きる意思があっても自律神経の乱れで身体を起こすことができないのです。

大きな音が出る目覚ましでもママの声でも起きられないことも起立性調節障害の特徴です。

血圧が低く意識が朦朧としていることから朝の記憶がないということも珍しくないのです。
 
また、夜遅くまでお子さんが起きている場合、それが朝起きられない原因と考えがちですが、起立性調節障害の場合身体が疲れて眠りたくても、交感神経のスイッチが入りっぱなしになっているせいで、中々寝つけない状態なのです。

つまり、お子さん自身も眠りたいのに眠れないのでとても辛い状況なのです。
 

スポンサーリンク

 

起立性調節障害ってどんな症状がでるの?

 
起立性調節障害になると起こり得る症状をご紹介します。
 

起立性調節障害の症状:疲れがとれない

自律神経の乱れで起こる起立性調節障害は疲労回復が遅れてしまうことが特徴で、疲れがとれていない状態が続きます。

血圧も低くなっているので、無理に身体を動かしたり過度な運動は禁物です。
 

起立性調節障害の症状:息切れや動悸

起立性調節障害になると自律神経の乱れによって血行が悪くなり、全身に十分な酸素が運ばれなくなり、軽い運動でも息切れや動悸を起こしてしまいます。
 

起立性調節障害の症状:立ちくらみや頭痛

身体の不調から長時間立ちっぱなしの状態でいると立ちくらみや頭痛を起こすこともあります。

特に、学校での朝礼などを嫌がるお子さんは、自分の身体の不調に気付いている場合もあります。

しかし、周りからそれをからかわれたり親から怒られたりすると自分の症状を言えなくなり、学校に行きたくなくなるという悪循環が生まれます。

また、朝礼中に倒れてしまうと怪我をする可能性もあるので、お子さんの身体の不調や日々の変化はよく観察することが重要なのです。
 
このような起立性調節障害の症状はお子さん自身が一番辛く、どうしてよいのか分からない状態です。

まずは、お子さんの「眠りたい気持ち」を聞いてあげることや親に相談しても良いという関係を築いてあげることが重要です。
 
 

起立性調節障害を早く治す方法ってあるの?

 
起立性調節障害で色々なことができないお子さんに親御さんが罵倒してしまうと精神的に悪い影響が起こり、症状は悪化してしまいます。

そこで、起立性調節障害の治療には病院を受診することをおススメします。

小学生ぐらいのお子さんなら、まずは小児科で相談してみると良いでしょう。

中学生以上のお子さんなら、精神科や心療内科で診てもらうと良いでしょう。

いずれにしても、起立性調節障害について詳しい先生がいる病院がおススメです。

そして、受診時間は起立性調節障害の症状が現れやすい午前中に受診すると良いでしょう。
 
病院では、これまでの症状などについての問診を行い、医療面接を行います。

この時、親御さんが感じた症状やお子さんの変化・お子さんの気持ちなどを伝えてあげると良いでしょう。

もしかすると起立性調節障害と似た症状の他の病気の可能性もあるので、血液検査や尿検査など検査も実施されることが多いです。

そこで、問題がなければ、「起立性調節障害」と診断され、治療に向かっていきます。

起立性調節障害の治療でまず行うことは、生活療法です。

睡眠薬は副作用があるものも多く、長期の服用は効果が薄まっていく可能性があるので、まずは薬に頼らなくても自律神経を整える治療を行います

①朝起きる時間と寝る時間を3日ごとに30分ずつ早くする
②水分を1日約1.5L~2L摂取する
③塩分を1日10g~12g摂取する
④いきなり立ち上がらず、立ち上がる時は30秒以上足踏みしてからゆっくり立ち上がる
⑤はじめに頭を屈める姿勢を取ってから歩く癖をつける
⑥高温を避ける
⑦身体の調子が悪い時もできるだけ横にならないようにする
⑧具合が悪くなければなるべく登校する
⑨日が暮れて体調が回復した頃に散歩など軽い運動をする
⑩靴下でむくみを予防する
⑪テレビやゲーム・スマホ操作を夜9時以降は控える
⑫朝型の生活リズムにするため大人と同じ生活リズムをしない
⑬寝る時間には部屋全体を暗くする
⑭朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる
⑮平日・土日で起床時間を揃える

などの生活リズムを整えることでも症状を回復することが可能です。

ただし、お子さん一人では難しいことも多いので、家族で協力することが重要です。

「親も見守ってくれている。」という精神的安心が何よりの治療薬なのです。

そして、起立性調節障害の症状によっては薬物療法を行うこともあります。

その際は、自律神経の交感神経を刺激し血圧を上げるための薬や立ちくらみの症状を緩和する漢方を用いることがあります。

スポンサーリンク

 

最後に

 
起立性調節障害はお子さん自身がとても辛い障害です。

仕事や家事で忙しいとお子さんの変化に気付かず、朝起きられない姿を注意すると症状は悪化していく一方です。

まずは、お子さん第一考え、日々の変化や様子をよく見るようにしましょう。

そして、日頃から親は子どもの味方である関係性をしっかり築いていきましょう。
 
 
 

-健康