暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

日々のくらし

キズパワーパッドの貼り替えで消毒は必要?洗わないで大丈夫?


 
「傷がきれいに、早く治る」と評判のキズパワーパッド。

なんと、これまで傷の手当には必須アイテムであった消毒薬を必要としない、自己治癒力のみで怪我を治すという画期的な絆創膏なんです。

しかし、少し特殊な絆創膏であるため正しい使い方がわかりにくいですよね。

本当に消毒しなくていいのか、洗わないでいいのかが気になります。

今回は、そんなキズパワーパッドの「正しい使い方」から、貼り替えについての注意点について重点的にご紹介していきます。
 
 

スポンサーリンク

 

キズパワーパッドの貼り替えは消毒いらずって本当?

 
キズパワーパッドは、傷口から分泌される透明な体液をパッドに保ち傷口を保湿しながら傷を治すという従来の絆創膏とは少し異なった絆創膏です。

怪我をしたときに血とは別の分泌液(よく「汁」と言われていますね)は一見膿と勘違いされてしまいがちですが、実はこの汁こそが傷を治すカギとなってくれるのです。

傷口から分泌される汁の正式名称は「滲出液」といって、怪我の治癒に役立つ細胞培養液が含まれた「天然の治療薬」。

これをキズパワーパッドに保っておくことで、傷口を乾燥させて治療するよりも比較的早く、きれいに傷を治すことに期待ができるんですよ!

そのため、キズパワーパッドを使用する際は消毒液を使う必要がありません。

逆に、パッド使用前に消毒液を使用することで、皮膚の再生に必要な細菌までもを殺してしまう恐れがあるためキズパワーパッドの効果を半減させてしまう原因にもなってしまうのです。

ですのでキズパワーパッドを使用する際は、怪我をしたとき付着したばい菌を取り除くために傷口を水道水できれいに洗うだけでOK。

誤って消毒薬を使ってしまったという場合は、パッドを貼る前に消毒薬を水道水できれいに洗い流して下さい。
 

スポンサーリンク

 

キズパワーパッドの貼り替えは洗わないの洗うのどっち?

 
キズパワーパッドの公式サイトによると、キズパワーパッドは最低でも2~3日に1度は貼り替えることがおすすめされています。

その際は自己治癒力で傷口が再生中であるため消毒をする必要は一切ありません。

最初にキズパワーパッドを貼ったときと同じように傷口・傷口の周りをきれいに水道水で洗い流し、傷口の周りの水分を拭き取って新しいパッドに貼り替えて下さい。

また、貼り替える前に一度怪我の治癒状況をしっかりと確認しておきましょう。

怪我をしたときよりも少しずつ状態が良くなっている際は、そのままキズパワーパッドを使用した治療を続行して下さい。
しかし、

・傷口から膿が出ている(不透明で黄色っぽく、匂いのする液体です)

・キズパワーパッドを貼る前よりも炎症が広がっている

・キズパワーパッドを貼ったときから全く怪我が良くなっていない

といったような症状が見られた場合は、直ちにキズパワーパッドの使用をやめ病院を受診しましょう。

特に傷跡を極力目立たないようにしたいという方は、傷口に触れたり自己判断で治療を続行せず適切な処置を受けるようにして下さいね。

因みに、パッド交換の際傷口に透明、または灰色っぽいゲル状のものが付着していることがあります。

それは先にご紹介した滲出液がパッドによってゲル化したものですのでご安心を。

きれいに水道水で洗い流し(こすると新たに再生した皮膚がめくれてしまいます)新しいパッドを貼り直しましょう。
 
 

キズパワーパッドは何回貼り替えたら怪我が治るの?治ったときのサインについて

キズパワーパッドによる怪我の治療は、傷の程度や怪我をした人の自己治癒力によって左右されるため「○回貼り替えれば必ず傷が治ります!」とは言い切れません。

しかし、普通の絆創膏と異なり怪我の治療経過が目で見てわかるようになっているため、自己判断で使用を中止して問題ありません。

キズパワーパッドをみてわかる「傷が治ったサイン」はパッドに浮かび上がる白い膨らみ。

この白い膨らみは傷口から分泌された滲出液を吸い込んでゲル化したものですので、この白い膨らみがなくなれば「滲出液が出ていない=傷口がふさがり、皮膚が再生した」と判断しキズパワーパッドを剥がしてしまって問題ありません。

しかし、キズパワーパッドは非常に粘着力の強い絆創膏ですので、剥がす際は横に引っ張りながらゆっくりと剥がすようご注意くださいね。

※思い切り引っ張ると皮膚が一緒に剥がれたり、皮膚にダメージを与え炎症する可能性があります
 
 

おわりに

 
今回は、キズパワーパッドの正しい貼り替え方についてご紹介しました。

これまで怪我といえば「消毒をして乾かす」が定番の治療法でしたが、現在はキズパワーパッドのように「幹部を保湿する」という治療方法がメジャーとなってきました。

見るとつい剥がしたくなってしまうかさぶたを作らず比較的きれいに怪我の治療ができる画期的な方法ですので、皆さんも怪我・やけどなどをした際はぜひ一度キズパワーパッドを使ってみてくださいね。
 

スポンサーリンク

 
 
 

-日々のくらし