暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

イルミネーション

京都イルミエールのアクセス方法は?ホテル情報とオーロライルミネーションについても

2016/11/19

0dc9c4143e37f44c89f89d3126c01e47_s
 
京都の山中で開催される京都イルミエール。

イルミネーションのイベントとしては5回目と新しい方なのですが、高度な技術を伴った幻想的な美しさのイルミネーションに加え、天空でのオーロラショーもあり、全国的にも注目度の高いイベントとなっています。

ただ、場所が京都市内からかなり離れていて、アクセス方法が限られているため、遠方からの見学者にはいろいろと不安な面も多いと思います。

そこで、京都イルミエール2016を見るためのアクセス方法と、ホテル情報、注目イベントのオーロラショーの詳細についてご紹介しますね。
 
 

スポンサーリンク

 

京都イルミエールへのアクセス方法は?

 
京都イルミエールはるり渓温泉の敷地内にあるポテポテパークというエリアで開催されます。

京都イルミエールとあるので、なんとなく京都市内で開催されるのかなと思いがちですが、実際には京都市内から車で約1時間半程かかる「るり渓温泉」で開催されるのです。
 
 
 
このるり渓温泉のある場所は、京都府と大阪府と兵庫県の3府県が接した辺りにあるので、京都・大阪・神戸のどこから行っても大体同じくらいの時間がかかります。

距離的にも大体同じです。(関西以外の人からすると、この京都・大阪・神戸が思いのほか近いことに驚くようですね)
 
 

京都イルミエールの行き方 電車+バスの場合

 
川西池田駅、日生中央駅、園部駅からるり渓温泉行の無料シャトルバスが出ています。

ただし、川西池田駅は夕方・夜間の運行がありませんので、京都イルミエールが目的の場合には向いていません。
 
 

京都イルミエールに大阪から移動の場合

  • 大阪の梅田駅から阪急宝塚線で川西能勢口駅まで移動(所要時間約20分)
  • 能勢電鉄に乗り換え、日生中央駅で下車(所要時間約20分)
  • 日生中央駅からるり渓温泉直行シャトルバスにて移動(所要時間約35分)

 
 

京都イルミエールに京都駅から移動の場合

  • 京都駅からJR山陽本線(嵯峨野線)で園部駅まで移動(所要時間約45分)
  • 園部駅からるり渓温泉直行シャトルバスにて移動(所要時間約30分)

 
 
バスの時刻表はるり渓温泉の公式HPに掲載されています。

⇒ るり渓温泉公式HPアクセスのページへ

ただ、この無料シャトルバスは、るり渓温泉に宿泊する人や宴会をする人が優先となりますので、混んでいる場合には希望する便に乗れない場合があります。
 
 
 
イルミネーションを楽しんだ後の、るり渓温泉から園部駅・日生中央駅への帰りのシャトルバスは、平日は20時のみ、土日祝日は19時20分と20時のみとなっています。

けれども2017年1月9日までは土日祝日のみ21時という便が増便されています。

るり渓温泉に宿泊する人以外で、電車・バス利用の方はこのシャトルバス利用が必須となりますので、乗り遅れないように注意してくださいね。
 

スポンサーリンク

 

京都イルミエールを見た後におすすめのホテル

 
京都イルミエールを見た後に一番便利な宿泊場所は、京都イルミエールが開催されるるり渓温泉となります。

心と身体の癒しの森 るり渓温泉

京都イルミエールを見た後にゆっくりと温泉に浸かることもできますし、行き帰りのバスの心配も必要ありません。
(宿泊客は無料シャトルバスに優先的に乗ることができます)

1泊2食付の本格会席プランがハイシーズンでも1名16,000円ですので、それほど高くないようですね。
 
 
 
京都はどの季節も人気のある観光地です。

このるり渓温泉も土日はいつも混んでいるようですので、もし泊まりたいと思っていても難しい場合もあると思います。

その場合には、少々移動の時間がかかりますが、京都市内もしくは大阪市内まで戻りましょう。

それぞれの駅前には沢山のホテルがありますので、希望の価格・ランクで選ぶことができます。

夜に駅前まで移動しておくと、翌日も観光する場合に時間が有効に使えるのがいいですよね!
 
 

京都でオーロラのイルミネーションが見れるなんて!

 
この京都イルミエールで見逃せないイベントとして、日本初のデュアルオーロラショーがあります。

約10分間の上映で、1日に4回上映されます。
 

デュアルオーロラショー上映時間
 ①17:30
 ②18:20
 ③19:20
 ④20:30

 
バスで来られた方は、バスの時間もあるでしょうが、是非このオーロラショーは見逃さないようにしてくださいね。
 
 
 
ただ、京都は盆地なのでとても冷えます!ぜひ温かい格好で行きましょう。

オーロラの上映はとても綺麗なのですが、寒空の中10分間立った状態で観賞するとかなり冷え切ってしまいます。

温かい上着は勿論のこと、帽子・マフラー・手袋・ホッカイロ等々を持参し風邪をひかないようにしてください。

京都よりも東の方面から来られる方は、京都はもっと温かいと思ったのに~と言われる方が多いです。

そのくらい、冬の京都は冷え込みますので(寒いというより冷えるという感じです)ご注意を。
 
 

まとめ

 
毎年じわじわと全国的に人気が高まっている京都イルミエールのアクセス方法や宿泊などについてまとめてみました。

イルミネーションを見た後、京都や大阪に戻れないことはないのですが、一番ゆったりとした気持ちで見ることができるのは、会場であるるり渓温泉に宿泊することですね。

でも京都や大阪市内に戻ることも可能ですので、翌日の行動プランなどと合わせて考えてみてください。

そして防寒対策は是非しっかりとしていってくださいね♪
 
 
 

-イルミネーション
-,