暮らしのしおり

毎日の暮らしの中でのちょっとした疑問や悩みに対するアドバイス、季節毎のイベント情報などを綴るブログです

春のくらし

卒業式の服で母親40代のおすすめは?色とコサージュについても確認♪

2017/03/24

sotsugyo_syougakusei
 
子供さんの小学校の卒業式が近付くと、自分は何を着て行けばいいんだろう・・と悩むお母さんが多いですよね。

特に40代のママさん達が「着て行く服がない!」と困ってしまう場合が多いようです。

そこでどんな服や色がおすすめかなのか、コサージュも必要なのかを確認しましょう♪
 
 

スポンサーリンク

 

卒業式の服は母親 が40代の場合どうする?

 
幼稚園の入園式、卒園式、小学校の入学式は比較的間隔が短く、服を着まわせるのでよかったのですが、小学校の卒業式まではしばらく間が空くので「着る服がない!」と困る人が多いです。

そして子供の成長と共に自分も年齢を重ねるので、40代の自分にふさわしい正装ってなんだろう・・と悩みますよね。

また、初めての小学校の卒業式だと、様子もわからないので不安になります。
 
 
 
卒業式は門出を祝うお祝い行事、つまり慶事にあたります。

主役はあくまでも子供さんですが、それを見守る保護者も正装で出席したいと思う人が多いです。

以前はこのような行事にはブラックフォーマル、いわゆる礼服で参加する人が多かったのですが、最近は少なくなってきたと耳にします。

けれども地域によっては今も礼服で参加する人が多いところもありますし、個人の考え方でこのような場に参加する時はブラックフォーマルで、と決めている人もいます。

でも人によっては慶事の場に、お葬式などで着た礼服を着るのはどうか・・という考えの人も多いですよね。

着る服がないから・・とブラックフォーマルを着て周りから浮いてしまった・・・ということもありますので、周囲のお母さん達にそれとなく聞いてみるといいと思います。
 
 
 
一番のおすすめは、無難な形のスーツを着て行くこと

落ち着いた色がおすすめですが、喜びの場ということで、ジャケットの中のブラウスやアクセサリーなどを工夫し、華やかさをプラスすることをお勧めします。

最近の40代はとても若々しい人が多く、40代だからこのような格好をしなければならない・・というようなものは特にありません。

けれども、周囲のお母さんたちが自分よりも若いからと、無理に若々しい服装を選ぶと逆効果になります。

落ち着いて清楚なデザインで、もし少しお財布に余裕があるのでしたら、質の良い生地のスーツを選ぶといいと思います。

≪関連記事≫
卒業式のスーツで母40代に合うブランド♪パンツスーツやワンピースの是非も
 
 
 
ワンピースにジャケットという組み合わせもありますが、新しく購入される場合にはジャケットにスカートまたはパンツという組み合わせの方がおすすめです。

理由は別々に着ることができるので、コーディネートの幅が広がるからです♪

ワンピースは印象が強すぎるので、いろんな用途に使いまわすのはちょっと難しいですよね。

その点、ジャケットだけ、スカートだけと使えるセットの方が便利です。
 

スポンサーリンク

 

卒業式の服で多くの母親が選ぶ色は?

 
卒業式には入学式と違いどちらかというと落ち着いた色合いを選ぶ人が多いです。

黒、紺、グレーや千鳥格子のスーツが多いですね。

けれども学校によっては、もう少し華やかな色合いを選ぶ保護者が多いところもあります。

入学式と違い、卒業を迎える頃には保護者会や役員会などで保護者同士のつながりも出てくるので、ある程度情報交換しやすい環境になってきています。

そこで保護者同士で少し華やかな色合いの服を着て卒業生を送りましょう!と盛り上がる時もあるようです。

特にこのような事前の申し合わせが無ければ、落ち着いた色の服装を選ぶのが無難です♪
 
 

卒業式の服にはコサージュをつけたほうがいい?

 
黒や紺などの暗い色のスーツに華やかさをプラスしてくれるのがコサージュです。

コサージュというと、「え?今どきする人いるの??」と思う人もいるようですが、入学式・卒業式だけでなく、結婚式やその二次会、謝恩会などでもコサージュを付けている人が沢山います。

でもネットとかで検索すると山のようにヒットするので、一体どんなのを選んだらいいのか困ってしまいますよね。

そこでお勧めしたいのが、百貨店やモールなどに入っているフォーマル服を売るお店の店員さんに教えてもらうことです。

卒業式、入学式の近いシーズンだと、それ用のスーツが並び、コサージュなども一緒に売り出されますので、どんなコサージュがオススメなのかを聞くと親切に教えてくれます。

スーツや中に着るブラウスの色や材質を伝えると、それによく合うものを選んでくれますし、「これだと華やかすぎる」「これはちょっと紺のスーツには合わない」など的確にアドバイスしてくれます。

こういうプロの意見を聞くと、自分の好みのものと実際に合うものは違うんだなぁ・・・と勉強になります!

せっかくなので、他の機会でも使えるようなものを選びたいですね♪
 
 

まとめ

 
40代のお母さんたちが着る卒業式の服についてご紹介しました。

最後にひとつ気を付けて欲しいことが、式が行われる体育館は寒いことが多い!ということです。

正装することも大事ですが、寒くて体調を崩しても大変なので、子供さんに寒いかどうかを聞き(子供たちは何度も練習しているので)、しっかりと防寒していってくださいね。

足元から冷えて行くので、ひざ掛けになりそうなストールなどを1枚持っていくと便利だと思います!

あと、帰りに荷物が多くなる可能性もありますので、サブバッグになりそうなものを持っていくことをおすすめします!
 
 
 

-春のくらし
-